秋葉原日記 (ライブラリ)

映画「容疑者Xの献身」

 原作は東野圭吾。傑作である。
 その映画化ということで大いに期待すると同時に、あの原作、とくにラストのどんでん返しをどのように映像化するのか、脚本、演出ともになかなか難しいのではないかと勝手に想像していた。
 実際に映画を見た印象。これはまずまずのおもしろさだった。ラストに至る伏線の張り方は、これはいかにも映画らしいものだった。
 ただ、原作にはない、キャンキャンとうるさい女が主役級で登場していたのには興ざめだった。この話は、じっくりと筋をたどりながら謎解きを楽しんでいいはずのものが、原作独特の情緒を失っていた。
 また、これも映画興行上のことだろうが、原作の主役と準主役が映画では逆転していた。これによって、完全犯罪を目論む主役のストーリーというよりも、謎を解明する準主役の話へと視点と重心が動いていた。だから、映画のラストシーンでは謎解きの説明がくどいものとなっていた。
 あらすじは簡単だ。天才数学者ながら不遇な毎日を送る高校教師の石神。密かに思いを寄せるアパートの隣室の靖子とその一人娘。その隣室で靖子が元の夫を絞め殺してしまう。隣室のただならぬ動きから殺人に気づいた石神は、彼女たちを救うために事件を隠蔽、完全犯罪に仕立て上げる。
 刑事から事件のあらましを聞いた大学物理学助教授の湯川。石神とは帝大の同期。ガリレオとあだ名される天才探偵でもある。
 石神の仕掛けた謎を湯川が解いていくというストーリーだが、観客の前にさらけ出されている自明の殺人事件なのに、なぜ靖子のアリバイが崩れないのか、こんがらかってしまうし、それだけにラストは驚愕だ。

yougishaX.jpg
(映画「容疑者Xの献身」公式ブログから引用)
     

バックナンバーへ

お勧めの書籍