秋葉原日記 (ライブラリ)

ホーバークラフト

 このたびの大分出張では、大分空港から大分市内へはホーバークラフトを利用した。
 大分空港は国東半島にあって、大分市内とは別府湾を挟んだ対岸にあたる。
 バスで市内に向かうと、別府湾をほぼ半周する形となり、自動車専用道路を利用しても路線バスの特急便でおよそ1時間以上はかかる。
 これがホーバーなら別府湾を一直線に渡って所要30分弱程度だから随分と時間の短縮にはなる。ただし、料金は逆にほぼ倍かかるが。
 ホーバーは、高速気流で艇体を押し上げ、プロペラの推力で進む仕組み。工学上は航空機に分類されるが、日本の法律では主に水上走行するところから船舶として扱われている。もちろん水陸両用が特徴で、船舶としては、水中翼船に比べても2〜3倍の高速であり、この航路に使われている艇でも最高速度は時速90キロだということである。
 ただ、波浪や強風などの悪天候に弱く、この航路でもたびたび欠航になることがあるようだ。また、騒音がひどいし燃費もよくないらしい。
 わが国ではかつては宇高航路など各地で就航していたが、現在、旅客運転を行っている定期航路としてはこの大分ホーバーが唯一のものである。経営は大分ホーバーフェリーという企業が行っている。
 空港を降り立つとホーバー乗り場は通路でつながっていて、駐艇場もコンクリート敷きだからそのまま乗り込める。洋上の船舶とは違ってこのあたりは便利だ。
 ホーバーの下部はスカートと呼ばれるゴム製のエアクッションが着いていて、出発時にはこれが膨らむから、乗っていると艇が持ち上がったような感じになる。
 コンクリート面から洋上に出てもその違いが感じられないほどだが、とにかく騒音がひどい。揺れは少なくて、高速で水面を飛んでいるような感覚だった。

hovercraft.jpg
(大分空港に駐艇中の大分ホーバー)
 

バックナンバーへ

お勧めの書籍