秋葉原日記 (ライブラリ)

東京JAZZ2008

 昨日の夜は有楽町の東京国際フォーラムで開かれた東京JAZZ2008を楽しんだ。
 これはわが国で開かれているものとしては最大級のジャズフェスティバルで、今年が7回目。毎回国内外から一流のアーティストが参加している。
 今年は8月29日金曜日から始まっていて昨日が3日目最終日だった。
 この間、ロン・カーター・カルテット、ザ・グレイト・ジャズ・トリオ、、リシャール・ガリアーノ、日野皓正クインテッドなどが出演した。と言っても、彼らが現在の世界のジャズシーンの中でどういう位置を占めているのかは知らないのだけれども。
 実際、好奇心のまま、何にでも顔を出す自分ではあるけれども、レストランやバーで行われるライブは何度か経験したこともあるが、昨日のような本格的なジャズのコンサートは初めてだった。たまたま知人からチケットをいただいたので足を運んだのだった。
 会場は優に1千席は超す大きなホールだったが、これが満席だった。客席を見渡すと、必ずしも若者たちがばかりというわけでもなくて、中高年の姿も少なくなかった。
 昨日は、フォープレイというカルテットが中心の演奏だった。
 キーボードにドラムス、ギター、ベースという構成で、情感もたっぷりに内外の名曲をアレンジした曲想もおもしろかったし、とくにボブ・ジェームズのキーボードが良かった。
 後半は、このフォープレイにデヴィッド・サンボーンのサックス、サム・ムーアのボーカルが加わっていっそう盛り上がった。
 中でもサンボーンのアルトサックスは、サックスとは思われないほどのメリハリで、すばらしいテクニックだった。
 最後は全員が総立ちの様相で、ジャズのコンサートらしい雰囲気だった。

jazz.jpg
(東京JAZZ2008の会場入り口風景)
    

バックナンバーへ

お勧めの書籍