秋葉原日記 (ライブラリ)

ヒペリナム・カリシナム

 近所の公園で見かけた。
 木の丈は50センチくらいだろうか、いかにも増えてじりじりと広がったような咲き方をしている。
 花は黄色で、とくに風情を感じさせるものではないが、この時期、一面に咲いている花は少なくなっているから目立つ。
 丈夫な花らしく、梅雨にも夏の暑さにも負けずに咲いている。
 調べてみたら、ブルガリアやトルコあたりの原産らしく、常緑低木、地下茎で広がるとある。
 やはり丈夫らしく、雑草化するほど強健とあり、このため、グランドカバー(むき出しの土を覆うための措置)にも適しているということで、最近好んで使われるようになってきているらしい。

hiperikamu.jpg

バックナンバーへ

お勧めの書籍