秋葉原日記 (ライブラリ)

柳森神社

 秋葉原駅から向かうと、神田ふれあい橋を渡ってすぐ、神田川の右岸に面してある。道より低くなっており、小さな社だからうっかりすると通り過ぎてしまいかねない。
 しかし、由来はなかなかなもので、長禄2年(1458)太田道灌が江戸城の鬼門除けとして柳の木を植えた際に江戸の鎮守として祀られたものと言われる。
 狭いながらも境内には歴史を感じさせる様々なものがあって、まず、神社ならたいがいは狛犬であることが、ここには2頭の狸像が置かれている。これは5代将軍綱吉の生母桂昌院の出世にあやかろうと設けられたもので、狸になったのは「たぬき=他を抜く」の語呂合わせなそうだ。
 ほかにも「力石」とか「富士講石碑」とか民間信仰に係わるものも少なくない。

yanagimorijinja.jpg
(秋葉原風景28=柳森神社)
 

バックナンバーへ

お勧めの書籍