秋葉原日記 (ライブラリ)

読書の場所

 本はどこで読むか。
 はっきり言って自分の場合には決まった場所とか方法とか決めごとがあるわけではなくて、常に本は携行していて、空いた時間などに読んでいるというのが実情。
 ただ、単行本で毎日欠かさず100ページというのが自分自身に課したノルマみたいなもので、これまでのところほぼ守ってきている。単行本は250ページ前後のものが多いから、これなら2、3日で1冊という勘定にはなる。
 本を読むのに気に入っている場所はいくつかある。
 まず、一つが車中。朝夕の通勤電車は本を読むことでは集中できてとてもいい。片道30分弱程度だからさほどのことでもないが、結構はかどる。なお、通勤車内では座っているときよりも立っているときの方が集中できてよいようだ。
 休日には、ウオーキングがてらデイバックに小型のデジカメや本などを詰め込んで出掛けていて、途中、図書館やコーヒー店などに立ち寄っては本を読んでいる。
 とくに、なじみのコーヒー店は、ガソリンスタンドに併設されているのだが、いつも空いてて気兼ねがなくていい。

shatyuudokusho.jpg
(車中の読書風景=つくばエクスプレスにて)

バックナンバーへ

お勧めの書籍