秋葉原日記 (ライブラリ)

アジサイ

 アジサイは、日本の梅雨の風物詩だろう。
 日本人がもっとも好む花の一つだろうが、それは華やかに見えて、ある種寂しさも感じさせるからでもあろう。
 実際、アジサイ寺やあじさい公園などと名所も少なくないし、この時期、至る所でアジサイは見かけることができる。しかも、丈夫だし、我が家の庭でも格別の手入れをしていなくとも毎年花をつけてくれる。
 花は、緑から白、水色、薄紅色、赤紫、青紫などと変化していくので「七変化」などとも呼ばれるらしく、花言葉も「移り気」だという。
 調べてみたら、日本原産だが、アジサイはその土地の酸性度によって色を変えるらしく、酸性度が高くなるほど青が強まるらしい。
 自分は、フェルメールの青のような鮮やかな濃い青色が好きで、ラピスラズリを溶かしたような青であればさらに言うことがない。

ajisai.jpg

 

バックナンバーへ

お勧めの書籍