秋葉原日記 (ライブラリ)

池内了『疑似科学入門』

 疑似科学を3種類に分類し、その実態を例示しながらそれぞれの問題点を洗い出している。
 第1種は、占い系(血液型、占星術など)、超能力・超科学系(スピリチュアル、テレパシーなど)、疑似宗教系で、主として精神世界に関わっているのだが、それが物質世界の商売と結びつくと危険が生じると指摘している。
 第2種は、科学を援用・乱用・誤用・悪用したもので、科学的装いをしていながらその実体がないもの。
 これには、マイナスイオンや健康食品などのように、科学的根拠が不明であるにもかかわらず、あたかも根拠があるような言説でビジネスの種となっているものがあり、権威のありそうな学者を動員して信用させる手口が特徴的だと指摘している。
 第3種は、「複雑系」であるがゆえに科学的に証明しづらい問題について、真の原因の所在をあいまいにする言説で、疑似科学と真正科学とのグレーゾーンに属するものと位置づけている。
 環境問題や電磁波公害、狂牛病、遺伝子組み換え作物、地震予知、環境ホルモンなどがあり、もっとも疑似科学として扱うに対し問題の難しい分野で、科学的にはっきりと結論が下せないのだから、シロであれクロであれどちらかに一方的に決めつけてしまうと、そのことが疑似科学となりかねないと指摘している。
 著者は、著作も多い人気の科学者だが、本書を執筆した動機が科学者の責務からだと述べているとおり、執筆態度が真摯で、内容には科学者としての良心が感じられる。
 また、疑似科学の問題点がよく整理されているし、疑似科学を論じながら現代の文明批評ともなっている。そういった意味では、書名をつけるにあたって本当は著者が希望してたという「疑似科学の社会学」としてもよかった。
 とくに、科学者であるゆえに、著者自身もいさめているとおり、必ずしも断定的ではないから、読んでいてすっきり割り切れるというものでもないが、原因や結果が明確に予測できないときでも不可知論に持ち込んでうやむやにしてしまうのではなく、「予防措置原則」という新しい原則で展開しようと主張していることは大変参考となった。
(岩波新書)

gijikagaku.jpg

バックナンバーへ

お勧めの書籍