秋葉原日記 (ライブラリ)

サラサドウダン

 花の移ろいはつくづく早いと感じる。
 散策の道すがら目にするものでも、つい先週咲き誇っていたものが、今週には終わりかけているといった具合で、咲いているさなかが華やかだけに、しぼんだ姿は哀れでもある。
 ツツジ、フジ、シャクナゲ、コデマリやアセビなどもいつの間にか最盛期は過ぎたようだ。
 近所の公園で見つけたのがこのサラサドウダン。
 ドウダンツツジの仲間で、ドウダンツツジ同様釣り鐘形の花が何ともかわいい。ドウダンツツジは白い花が多いのに対し、このサラサドウダンは名前の由来の通り更紗織りに似て白地に赤紫色のすじの入った花を咲かせている。
 アセビも壺形の花がドウダンツツジに似ているが、これらはいずれもツツジ科に属するとはいうものの、花の形がツツジとはまったく異なっているし、どういう由来かは知らないが、花を見てはツツジの仲間とは思えない。

sarasadoudan.jpg

 

バックナンバーへ

お勧めの書籍