秋葉原日記 (ライブラリ)

CEOディナーミーティング

 昨日9日、2008国際ウエルディングショーが、快晴の絶好のショー日和のもと華やかに開幕した。
 午前9時30分から行われたオープニングセレモニーでは、主催者の挨拶の後、出展者代表や海外溶接団体代表らによるテープカットでついにオープン、開場を前に詰めかけていた参観者が一斉に入場を開始した。セレモニーにはテレビ局の取材も入っていて、いやが上にも盛り上がりを見せていた。
 今回のショーはいくつもの話題を持っているが、出展規模が過去最大となっているほか、この日の来場者の出足をみると入場者数でも過去最大を記録しそうな様子だった。
 実際、インテックスの展示館4館にわたって展開されている会場の隅々にまで来場者が押し寄せているにぎわいで、中国、韓国から欧米人まで海外からの来場も多数に及んでいる模様だった。
 ところでこの日は、世界の溶接業界のトップを招いてCEOディナーミーティングがハイアットリージェンシイホテルで行われた。
 ミーティングには、欧米からエサブ社メドフォース取締役、フローニアス社ハックル取締役、ウエルドエイド社スミス社長はじめ、日本側からは神戸製鋼藍田勲専務取締役溶接カンパニープレジデント、ダイヘン柳生勝社長、松下溶接システム正井耕一郎社長の6氏が出席した。
 世界の溶接業界のトップがこのような形で揃うことは初めてのことで、席上、会食を進めながらショーを見ての感想や世界の溶接業界の動向などに話題が弾んでいた。

CEODinner.jpg
(CEOディナーミーティングの模様)
 

バックナンバーへ

お勧めの書籍