秋葉原日記 (ライブラリ)

モクレン

 ウォーキングをしていても、花は先週にはまだウメが目立つくらいで全般に春まだ浅きという印象が残っていたが、今週にはジンチョウゲ、ツバキ、スイセン、コブシからサクラも開花してきていて、わずか1週間で春爛漫という趣だ。
 モクレン(木蓮)も先週には開花寸前の状態だったが、今週にはすっかり満開となっていた。
 調べてみると、花が紫色をしたものがシモクレン(紫木蓮)と呼ばれ、モクレンとしてはこれが本筋のようだ。これに対し白い花のものはハクモクレン(白木蓮)と呼ぶ別種らしい。ただ、我が家の周辺では圧倒的に白いモクレンが多く、モクレンといえば白い花がポピュラーだ。
 樹影もハクモクレンに大きなものが多く立派で、枝は横に張るというよりも上方に伸びる傾向があるらしく、幹の太さの割には背が高い。
 開花寸前のつぼみは形も大きさもニワトリの卵ぐらいで、清楚であり優雅でもあって、これが庭木として好まれるのだろう。
 花が開くと、ハスに似ているところから木蓮と呼ばれるようになったものと思われる。
 自分は、すっかり開花したものよりは開花寸前のつぼみの頃のモクレンの方が好きだ。
 なお、花が開いたモクレンは、遠望するとコブシに似ていて見間違える場合がある。ただ、花びらはモクレンの方が肉厚で数段大きい。

mokuren.jpg

バックナンバーへ

お勧めの書籍