秋葉原日記 (ライブラリ)

神田ふれあい橋

 神田川に架かる橋の一つだが、この橋を利用しているのは大半が地元の人たちだろうと思われる。よそから来た人たちでは橋の存在そのものにちょっと気がつかないかもしれない。
 何しろ橋は幅員が2.5メートルしかないし、秋葉原駅側も神田駅側も橋の入り口はビルの谷間になっていて狭く見落としがち。
 ただし、上流側の万世橋、下流側の和泉橋のちょうど中間にあって、歩行者専用の橋だが、ちょっと対岸に渡るというのにはとても便利で、利用者は結構多い。橋長は48.6メートルである。
 橋は、東北新幹線の鉄橋の側橋のように取り付けられているが、そもそもこの橋は、その新幹線橋梁の工事用としてつくられたもので、工事終了後も地元の強い要望で一般に開放されたといういきさつをもっている。(写真の右上部は新幹線橋梁)

kandafureaibashi.JPG
(秋葉原風景23=神田ふれあい橋)

バックナンバーへ

お勧めの書籍