秋葉原日記 (ライブラリ)

梅原淳『鉄道用語の不思議』

 身近に使っている鉄道の用語。
 しかし、厳密な定義を問われるとこれがなかなか答えられない。
 本書ではそんな知っているようで知らない鉄道用語を48の項目に分類して解説している。
 一般に鉄道に乗るためだけならばさほど必要なことでもないが、読んでみるとなるほどと教えられることも多くてうんちくは広がる。
 例えば、リニアモーターカー。一般的には超電導磁気浮上式鉄道と理解していて、JR東海が開発している鉄道のことと思いがちだが、なんとわが国はリニアモーターカーによる鉄道がすでに6線もあるというのである。
 このうち、愛知万博に合わせて開業した愛知高速鉄道のリニモは浮上式だしすぐにも指摘する人は多いだろうと思う。ただし、これは常電導磁石で浮上している。
 ほかには、大阪市営地下鉄の長堀鶴見緑地線などいずれも地下鉄路線にあるという。ただ、これはこじつけみたいなもので、車両にリニアモーターを搭載した鉄道ではなくて、これらはどれも直線上に軌道に沿ってリニアモーターが敷かれた鉄道であるところからリニアモーターと分類されるということである。ややこしくてちょっとわかりにくいがどうもそういうことらしい。
(朝日新書)

tetudouyougo.jpg

  

バックナンバーへ

お勧めの書籍