秋葉原日記 (ライブラリ)

年末年始休暇

 昨日まで年末年始休暇だった。
 今年は9連休だったし、年が明けてからも長かったからゆっくりできた。
 また、関東地方は穏やかな日和が続いたし、ぶらり汽車旅に出かけたり、本を読んだりとのんびりできた。
 我が家の元旦は、ここ20年来変わることがなくて、家族揃ってきちんと身なりを整えて年賀の挨拶を交わし、記念撮影を行った後おせち料理とお雑煮をいただき、初詣に出かけるというもの。
 初詣は、今年も成田山新勝寺にお参りした。これも毎年変わらない。
 成田山は今年も混んでいた。何しろ、正月三が日の参拝客数では、毎年、明治神宮に次いで全国第2位ということで、境内ばかりか参道からして身動きがとれないほどだった。今年は昨年の290万人を上回るのではないかという。
 境内は広くて、多くの伽藍が展開している。境内に表示がかかっていて、今年は開基1070年ということである。それを記念して造営された新しい総門も人気のようだった。
 不動明王が本尊ということだが、そのこともさることながら、家内安全も含めて様々に御利益もあるということで、古くからの庶民の信仰の場としての雰囲気が今に伝わっているようだ。

naritasan.jpg
(初詣の人々で身動きもとれないほどの成田山参道)  

バックナンバーへ

お勧めの書籍