2016/05/16

バラ園満開

 近所の公園のバラ園が満開になった。ほぼ例年通りか。
 このバラ園には80数種ものバラが咲いていて多くの見学者で賑わっていた。
 バラについては全くの門外漢なのだが、その楽しみは、色、形、香りだろうか。
 バラ園の中央に、ドーム状の造りがあって大きく枝を伸ばしている。フランソワジュランビルという種類らしいが、花はさほど大きくはない。小型の部類かもしれない。ただ、香りは独特で、一般的なバラの香りというよりも、つんとした石けんかシャンプーのような匂いが感じられた。
 香りの強かったのは真っ赤なパパメイアンや黄色のフリージア。白いホワイトクリスマスもそうだった。芳香といい形といい整っていたのはブルーライト。これは色も淡く微妙な色彩で品がよかった。
 色具合ということでは、讃歌の赤珊瑚のような色が面白かったし、同じ赤系統ではカトリーヌドゥヌーブの橙色が鮮やかだった。
 バラは好事家の多い園芸品種。園内ではバラ談義があちこちで聞かれたし、写真に撮って見栄えもいいからカメラを向けている人の姿も多かった。


写真1 ドーム状に飾られたフランソワジュランビル。


写真2 色、形、香りが整っていたブルーライト。


写真3 赤珊瑚のような微妙な色具合が特徴の讃歌。

お勧めの書籍