2015/08/27

馬場信『AKIBAノート第二集』

 本欄に連載してきたブログを活字化したもので、この1年分を収録している。ただ、紙幅の都合があってウエブサイトに載せたもののうち約半分を削った。
 改めて目次をくくってみると、相変わらず本ばかり読んでいるし、鉄道にも乗っている。ただ、出張というのは減っていて、個人旅行が多くなっているようだが、実際、業務上の出張は半分以下になったのではないか。
 その分、話題にも苦労しているが、それでも専門とする溶接のことや地元秋葉原のことが少なくて、これは内心忸怩たるものがある。努めて探しているのだがなかなかままならない。
 それにしても、こうして駄文を綴ってきただけのものがこうして1冊の本になるというのはとてもうれしいこと。これも読者の皆様のご支援があったればこそと改めて感謝申し上げる。
(産報新書)


お勧めの書籍