2015/08/19

神田川紀行:江戸川橋

 飯田橋の駅前で直角に右に曲がった神田川は、大曲で今度は大きく左にカーブし、そのまま西北に遡上する。
 目白通りが並行していて、飯田橋の交差点から次ぎに大きな交差点が江戸川橋の交差点。
 ここで目白通りは直角に右折し神田川を渡る。その橋が江戸川橋ということになる。石切橋の一つ上流である。目白通りに架かる橋だけに長さはないが幅の広い大きな橋で、橋は左岸も右岸も文京区関口である。
 目白通りはすぐ次の交差点で左折し、その先は日本女子大学や学習院大学などを経て目白駅へと至る。直進すると目白通りは音羽通りと名を変え、護国寺へと至る。
 一方、神田川はそのまま西進しており、右折した目白通りに代わって江戸川橋の交差点で直進しているのが新目白通りとなり、神田川と並行して進む。
 江戸川橋のたもとには江戸川公園がある。このあたりは神田川もかつては江戸川といっていたからそういうことで名付けられたのであろう。

 


写真1 江戸川橋。神田川を渡った側から見た様子。


写真2 江戸川橋上から神田川上流を望む。


写真3 江戸川橋の交差点。右折して神田川を渡るのが目白通りで、左に直進しているのが新目白通り。高架は首都高速池袋線。

お勧めの書籍