2015/07/03

神田川紀行:後楽橋

 神田川遡上紀行。水道橋の次が後楽橋。JR水道橋駅を挟んで西口にあたる。水道橋西通りに架かる橋で、橋を渡るとすぐに外堀通りに突き当たり、渡ったところが東京ドーム。
 なお、ちょっとややこしいが、この後楽橋の脇に歩行者専用の後楽園ブリッジというのがあって、この橋は神田川と外堀通りを跨いでそのまま東京ドームに行ける。また、この後楽園ブリッジについては神田川に架かる橋の一つにカウントしないことが多いようだ。1964年の架設と結構古いのだが、あるいは私設なのかもしれない。橋の銘板には施主名の記載がなかった。
 いずれにしても後楽橋は地味な橋で、交通量としては後楽園ブリッジの方が断然多い。また、現在塗装工事中のようで、シートに覆われていて全体を見渡すことができなかった。
 橋の南側は三崎町で、北側が東京ドーム。ドームは様々な施設で構成されていて、ジャイアンツのフランチャイズである東京ドームをはじめ遊園地やホール、ホテルがあるほか、隣接して場外馬券売り場などももあって一大アミューズメントとなっている。
 ドーム付近の町名はそのまま後楽だが、後楽橋の名前の由来はこのあたりに水戸徳川家の上屋敷があって、その庭園を後楽園と称したところによる。ドームに隣接して現在も小石川後楽園がある。現在、特別史跡及び特別名勝に指定されている。


写真1 左が後楽橋で、右が歩行者専用の後楽園ブリッジ。


写真2 水道橋駅西口。このすぐ手前が後楽橋。


写真3 東京ドーム。オープンした当座はビッグエッグと呼ばれていたが、現在その愛称はあまり聞かない。

お勧めの書籍