2015/05/18

今年のバラ

 久しぶりに休日の散策。3週間ぶりか。
 そうしたら、陽気はもう初夏のものになっていて、あちこちでバラが盛りと咲いていた。
 今年は例年になく早い。いつもの年なら5月も下旬から6月の上旬が満開となるはずだから、2週間ほど早い。これはバラに限ったことではなくて、すべての花々がそのような進行のように思える。
 近所の公園のバラ園などはすでにピークとなっていた。数十種類はあるだろうか、さほど大きなバラ園ではないが、それなりに楽しめる。
 バラの花もいろいろで好き好きだが、好みのポイントは何だろうか。花の色と形、香りとそれぞれに好みが分かれるに違いない。
 艶やかな黒バラで香りも強いパパメイアン、フリルがかった花弁で香りの強いイブピァッチェ、名前の通り美しいカトリーヌドゥヌーブ、黄色の花が可憐なゴールデンメダイオン、名前に似て気品に溢れるプリンセスドゥモナコ、香りもよくて清楚な形のフレグラントレディなどなど。
 バラの花を丁寧に育てている家々は多くて、垣根越しに楽しませてもらっている。ただ、バラの花は種類が多くて、とても名前はわからない。


写真1 例年に比べ盛が早い近所のバラ園


写真2 向かいのお宅のバラ。形がよくて香りにも品がある。


写真3 通りがかりに見つけた。かわいらしく珍しい花だ。

お勧めの書籍