2015/04/28

生垣も色とりどり

 様々な花が咲いていていかにも春爛漫。この頃では生垣も色とりどりとなってきて目を楽しませてくれている。
 生垣には常緑樹が圧倒的に好まれるようだが、花の咲く生垣も少なくない。
 この季節、やはり賑やかなのがツツジの生垣。春に見慣れた風景だが、様々な色合いがあって美しい。
 珍しいところではベニハナトキワマンサクを生垣にしているところがあって、濃い赤紫色の花を咲かせていた。マンサクのように糸をよったような花をつけるのでこの名が付いたものであろうか。
 また、花ではないが、葉が赤く色づいて美しい生垣となってるのがベニカナメモチ。別名レッドロビンとも呼ばれるがその違いはわからない。とくに今頃の新芽の頃の赤が鮮やかで美しいようだ。なお、鮮やかな黄色に葉を色づかせた生垣もあったが、名前がわからなかった。
 いずれにしても、生垣にするくらいだから、刈り込みには強い品種だろうし、刈り込んで鮮やかさを増すものもあるようだ。


写真1 春爛漫を思わせるツツジの生垣。


写真2 これは珍しいベニバナトキワマンサクの生垣。


写真3 新芽の頃ほど鮮やかなベニカナメモチの生垣。

お勧めの書籍