2015/04/16

ミラーレス一眼カメラ

 ミラーレス一眼カメラを購入した。写真は好きでカメラも数機種保有しているが、ミラーレスは初めて。
 それでここのところあうでもないこうでもないといじくり回しているが、何よりも一眼レフカメラに比べては小型軽量なのがいい。ただ、ファインダーは電子式だから、一眼レフの光学式ファインダーに比べてはファインダーとしては同じ視野率100%ながらどうしてもやや難点がある。
 ミラーレスを購入した理由はただ一点、一眼レフの重量と大きさ。もちろん、一眼レフにはそれを補ってあまりある性能はあるのだが、ここのところその重量を負担に感じるようになっていた。
 現在日常的に使用しているカメラは、キャノンの一眼レフカメラEOS5Dマーク2、リコーの単焦点コンパクトカメラGR、富士フィルムのレンズ固定式ズームレンズカメラX10の3台。これに今般富士のミラーレス一眼カメラX-E2を加えた。
 EOS5Dは、キャノンのラインナップの中でも高級機で、おそらくデジタル一眼レフとしては日本を代表する1台であるだろう。これに通常は交換レンズとして標準ズームのEF24-105ミリF4Lを装着している。ほかに交換レンズとしては100-400ミリの超望遠なども保有しているが、特殊な用途以外では持ち歩くことはない。
 5Dと標準ズームはともに、センサーサイズがいわゆるフルサイズで、35ミリ判そのままの画角が得られる。最高のスペックで構成されていて、画質はもちろん操作性などいずれをとっても申し分ない。
 しかも堅牢。ある時、撮影中につまずいて転んだ拍子にコンクリートに打ちつけたことがあったが、びくともしなかった。
 その分大きくて重い。標準ズームとの組み合わせで1480グラム(バッテリー等含まず)にもなる。これに交換レンズを加え、さらに出張時ともなればパソコンやコンパクトカメラ等も携行しているから総重量は相当なものになる。
 この重量がこの頃では負担と感じるようになっていて、それで、いくらかでも重量を軽減させたいということでミラーレスを購入したという次第。
 購入に際しては各社のものを慎重に比較検討した。一眼レフのようなごついものでは意味がないし、かといって、コンパクトさを重視するとちゃちなものとなってしまい、なかなか満足できるものが少なくて、それで最終的に選択したのが富士のE2。
 カメラ本体の重量としては、5Dの810グラムに対しE2は300グラムと半分以下。コンパクトカメラとほぼ同等である。
 センサーサイズはAPS-Cとフルサイズよりはやや小さめだが、スペックは5Dと遜色ない。
 ただ、レンズもミラーレス用に設計された軽量コンパクトなものが用意されているのだが、これはいかにもお手軽に過ぎる。それで、あくまでもミラーレス用ながらしっかりした作りのレンズということで選んだのがXF16-55ミリF2.8R。
 35ミリ判換算で24-84ミリ相当だから標準ズームとしては使い勝手がいいし、F値が全ズーム域で2.8というのもすばらしい。ただ、重量が670グラムあって、ミラーレス用にしてはやや重い。本体と合わせた総重量は970グラムとなる。5Dに比べては一回り小さい程度で断然コンパクトになったわけではないが、性能を取るとこの程度はやむを得ないのかもしれない。
 5Dは、現場取材や旅行の折などに使用している。標準ズームと組み合わせるとほとんどこれ1本で間に合う。
 ミラーレスE2は、5Dのサブ機としての位置づけを想定しており、あるいはレンズもいいし将来はメインになるかもしれない。
 それと、このミラーレスE2と標準レンズとの組み合わせで面白いのは、カメラ全体の外観や操作性が一昔前のフィルム時代の一眼レフカメラに似ていること。本体にシャッタースピードのダイヤルがあるほか、レンズには絞りリングが付いているのである。
 これによって、シャッタースピードと絞り値を直感的に操作できるようになっていて、この頃のデジタルカメラのようなモニターを見ながら複雑なコマンドを扱う必要がない。カメラ好きのカメラといえるかもしれない。
 なお、ほかのカメラではGRはカバンに入れて毎日持ち歩いている。28ミリの単焦点ながらその分レンズもよく、コンパクトカメラながら能力は高い。これまで様々なカメラを手にしてきたがこれが最高の名機かもしれない。
 また、X10はレンズ固定式ながら焦点距離が35ミリ判換算で28-112ミリ相当と4倍ズームがあり、開放F値も2.0(広角)-2.8(望遠)といいし、接写もできて使い勝手は抜群にいい。散策に携行して重宝している。

 


写真1 富士フイルムのミラーレス一眼カメラX-E2とレンズXF16-55ミリF2.8R


写真2 E2と5Dを並べるとE2の本体のコンパクトさがわかる。これがミラーレスの特徴。ただレンズの大きさはあまり変わらない。


写真3 左からキャノン5D、リコーGR、富士X10 

お勧めの書籍