2015/04/15

秋葉原福の軒

 豚骨ラーメンの店。
 秋葉原駅昭和通り口を右に出てすぐ、産報佐久間ビルの通りを挟んで目の前、秋葉原公園に面してある。
 間口2間程度の小さな店。1階はカウンター6席。2階も同じくらい。
 メニューはラーメンのほかトッピング類。ラーメンには数種。
 客の大半はメインの特製ラーメンを頼む。390円。麺は細く腰があり、スープは豚骨風だが、さほどくどくはなく、ほどよくクリーミーで絶妙の味。
 ただ、麺の量は少なく感じる向きも少なくないに違いない。このため替え玉が用意されていて、110円。
 注文はチケットを購入するやり方だが、あらかじめ替え玉分も購入する客もいる。それも、食べている途中で追加を頼む者と、初めから替え玉分を一緒に頼む者といて、この場合は大盛りとなって出てくる。
 なお、替え玉とは、スープはそのままに麺だけを追加するもの。店の黒板の表示によると、この替え玉を何と12玉も食べた者がいるようで、これがこの店のレコード。何玉食べようとスープは追加してくれないシステムだから、腹具合とは別にいくらでも食べられるというものでもない。
 何でも、この12玉食べた者は、終わりにはスープが空になっていたという。
 トッピングでは味玉子100円、鶏唐揚げ80円が人気。唐揚げは1個だけだが大ぶりで、カレー味がなかなかいける。
 ラーメン激戦区の秋葉原にあってまだ新顔だが人気急上昇中で、昼食時には列ができている。味もいいし、1杯390円、替え玉を追加してもワンコインというのも人気を得ているのかもしれない。


写真1 福の軒外観。


写真2 特製ラーメン。玉子はトッピング


写真3 替え玉レコードを知らせ、挑戦を促す黒板。

お勧めの書籍