2015/04/06

花冷え花曇り

 古来使われてきた言葉というものは当を得ているものだ。
 この数日はまさしく花冷え、花曇りの様相。陽春となって桜が一挙に開花したと喜んでいたらこの頃はまるで様変わり。季節が戻っているのではないかと思わせられるほどに曇り空に肌寒さが続いている。
 それでも、次々と様々な花が咲き始めていて散歩を楽しませてくれる。この土曜日曜などいつもの公園で10数種類もの花を見つけることができた。
 桜は予想していた通り満開は過ぎて花吹雪となっていた。それでも、桜の広場では大勢の人々が花見を楽しんでいた。
 桜はもとより葉よりも先に花が咲くが、花が散り始めたと思ったら葉も芽を出していて、白に緑が混じってこれはこれで味わいがあるものだった。
 源平モモは、例年桜よりも少し遅れて咲くが、今年もまるで約束していたように美しい花を見せていた。ピンクと白の花が一つの枝に咲くのでこの名があるようだが、華やかだしむっちりとして絢爛でもある。
 また、ツツジは4月も下旬から5月に入ってからの花だが、一つ咲いてる種類があった。調べてみたら、三つ葉ツツジというのだそうで、薄赤紫色の花が寂しくも可憐だ。ツツジは葉が出て花が咲くのに、これは葉が出る前に花が咲いていた。ツツジには膨大な種類があるからこういうのもあっていかにもツツジということだろう。
 ほかには、ピンク色をして、コブシにしてはやや大ぶりの花が特徴のシデコブシやハナズオウなどという花まで見つけることができた。


写真1 白い花に葉の緑が混ざった桜。これはこれで味わいがある。


写真2 華やかな源平モモ。例年通り桜よりも少し遅れて咲き出した。


写真3 これは珍しい三つ葉ツツジ。薄赤紫色の花が独特の情感を醸し出している。

お勧めの書籍