2015/04/01

丸山吉平

 とんかつ屋。
 秋葉原駅昭和通り口から三井記念病院の前を過ぎ、清洲橋通りを左折、1ブロック先の右手、CSタワー1階。この通りは千代田区と台東区の境界で、当地は台東区浅草橋五丁目。
 なかなか人気の店で、開店時間11時30分の前から行列ができている。カウンター10席、テーブル1卓4席で、主人が一人で切り盛りしている。
 平日ランチのロースかつ定食。丁寧な揚げ方で、じっくりという感じ。それでいて衣はべとつき感は全くなくてほどよい堅さ。衣の色も薄い黄金色。よほど油がいいのだろう。
 厚さが20数ミリ。ぶ厚い。ほれぼれするほど。心持ちレアっぽく噛むといかにもジューシー。そう言えば、レアを好まない人はあらかじめ申し出ろと断り書きしてあるが、ステーキのレアとは違って気になるようなことはない。柔らかさがほどよいくらいだ。
 私はとんかつはヒレよりもロースの方が好きだが、ここのロースはほどよく脂がのっていて好ましい。、ただ、脂が嫌いな人には多少抵抗があるかもしれない。
 たっぷりのキャベツが添えられ豚汁が付いて1,100円。至ってシンプル。ソースもほどよく甘さがあってすばらしい。
 とんかつは大好きだが、これほどおいしいとんかつに出会えることは滅多になく、とんかつ好きにはこたえられない。食べてみれば行列ができている理由がすぐにわかる逸品だ。しかも値段も手頃。


写真1 とんかつ「丸山吉平」外観。


写真2 ロースカツランチ。

お勧めの書籍