2015/03/05

文旦

 今年も高知から文旦が届いた。友人の紹介で生産者から直接送ってもらっている。ここ数年来毎年の習慣で、文旦が届くと春も近いと感じる。
 文旦(ぶんたん)は、ザボン、ボンタンなどとも呼ばれる柑橘類の一種。約9割も高知から出荷されていて特産品。表面は黄色みを帯びていて、直径は10数センチと大きい。グレープフルーツに似ているがもっと大きい。
 届いた段ボールの箱を開けただけで香りが大きく広がった。とてもいい香り。グレープフルーツや夏みかんなどと比べても香りは断然文旦が強い。だからだろうか、文旦を部屋に置いて香りを楽しむというやり方もあるらしい。
 今年の文旦は味が一段とよかった。ほどよく甘く酸っぱかった。ただ、グレープフルーツのような強い酸味はないから食べやすい。果肉の量も多くてむしゃむしゃと食べて楽しめる。
 ただ、皮が厚くてむきにくいのが難点だ。素手でむくことは一苦労なほど。しかも、表面の皮をむいてもそのままでは食べられない。なぜなら、内皮も結構厚いし、何よりも苦い。とにかく手間がかかる。文旦が全国に今一つ広がらないのはこの皮むきが面倒だからということもあるらしい。
 それで、すっかりむき終わったものを器に盛って食べるということになるのだが、これがおいしい。
 グレープフルーツや夏みかんのような酸っぱさばかりか、オレンジのような甘さも強くはないし、果汁もさほど多くないのだが、一度食べたら癖になる美味しさ。
 なお、ジュースには向かないそうで、味が淡泊だからだろうか。ただし、砂糖漬けやマーマレードにして食べるのもおいしいらしい。わが家ではやったことはないが。


写真1 今年も高知から届いた文旦。

お勧めの書籍