2015/02/09

フルーフ・デゥ・セゾン

 フルーツパーラー。
 秋葉原駅電気街口を出てガード沿いに御徒町方向に歩き、神田消防署の角を左折し右側の路地を入ってほどなく。外神田4‐11‐2所在。
 新鮮な果物とパンで人気の店。当然、女性客が多いが、一人で訪れている男性客の姿も少なくない。
 一番人気はフルーツパフェ。盛りだくさんのフルーツが乗っていて、その種類は季節にもよるが冬のこの時期なら何と13種。フルーツは溢れんばかりだが、シャーベットや生クリームなどと食べ進んでもさらにフルーツが詰まっているという徹底ぶり。クリーム類も甘さは控え目だから男の口にも合う。1500円。
 季節ごとに様々なパフェがあるのだが、この季節ならやはりイチゴパフェ。とにかくそのイチゴの立派さには驚嘆するほど。大きく甘くてめったに口にすることのないゴージャスさ。1300円。
 ランチタイムなら、食べ放題の焼きたてパンとちょっとしたパフェのセットメニューもある。
 店名はフランス語で季節の果物という意味だろうが、現在地に店を出して28年になるというから地元に定着している。
 この店に隣接して、現在は秋葉原クロスフィールドとなっているあたりはかつて神田青果市場のあったところ。そういうことで、この店は歴史的にも豊富な果物の伝統を受け継いでいるのだろう。



写真1 フルーフ・デゥ・セゾン店舗外観


写真2 明るい店内。女性客ばかりか一人で来る男性客の姿も珍しくない。


写真3 人気のパフェ。左がフルーツパフェ、右がイチゴパフェ。

お勧めの書籍