2015/01/30

2016国際ウエルディングショー企画説明会

 2016国際ウエルディングショーの企画説明会が昨日29日東京で行われた。今日30日には大阪でも開催される。
 2016国際ウエルディングショーは、平成28年4月13日から4日間にわたりインテックス大阪で開催される運びとなっている。主催は日本溶接協会と産報出版。
 企画説明会とは、主催者から出展対象者に向けて開催概要と企画内容を紹介するもので、2016国際ウエルディングショー開催に向けたキックオフみたいなもの。主催者としてはすでに具体的な運営には入っているのだが、対外的な営業活動や企画運営はこれを機に本格化することとなる。
 昨日の説明会では、大阪会場での開催は4年ぶりとなること、前回大阪開催時はどん底の景気環境から厳しい内容となったものの、今回は景気の上向きもあって盛況が期待できることなどをアピールした。
 こうした状況を踏まえ主催者としては新たな取り組みとして幾つかのプランを提案した。
 一つは、スマートプロセスフォーラムの設定。これは、3Dプリンター・金属積層造型技術やCFRPと金属など異種材料の接合といった世界の最先端技術について、展示と講演を有機的に結合してダイナミックに展開しようという画期的イベント。
 先進技術で世界の溶接業界をリードしてきた国際ウエルディングショーがどのような技術と製品を紹介できるのか大いに期待される。
 また、二つ目には造船や自動車、鉄道車両、建築といった特定の業種にスポットライトを当て、トレンドセミナーやテーマ展示などで盛り上げていこうというもの。
 国際ウエルディングショーはその内容の性格上、これまでは横に幅広く展開してきたのだが、今回は初めて縦にも深耕していこうという試みで大いに注目される。
 昨日の説明会では、常連の出展者のみならず出展予定者として新規の顔もあって、新しい企画に対し活発な質疑が行われていた。


写真1 2016国際ウエルディングショー開催に向けてキックオフとなる企画説明会の模様。

お勧めの書籍