2013/09/13

とんかつ「丸五」

 とんかつの専門店。
 秋葉原駅電気街口を出て総武線のガード沿いに右側を進み、外堀通りの手前で昌平橋交差点の角を右折、数十メートルのところ。路地を挟んで隣が講武稲荷神社だからわかりやすい。
 なかなか人気の店で、午前11時半の開店と同時にほぼ席は埋まる。もっとも、小さな店で1階は7脚のカウンター席と、向かい合わせ2人の小さなテーブル席が2つ。
 部下と連れだって訪れたのだが、私はヒレかつ定食(2000円)、部下がロースかつ定食(1750円)を頼んだ。
 どちらもさほど大きくはないがなかなか肉厚。衣はかたすぎずやわらかすぎず、どうやって揚げたものかさらさらっとしている。色具合は薄い黄金色。
 ほおばると肉は軟らかく、肉汁がじわっとくる。ヒレとロースを一切れずつ交換したのだが、ヒレはやや赤みがかっているのに対し、ロースは肌色に近い。ロースもやわらかくて、ロース特有の脂っこさがない。だから、ロースが好きな人にとっては張り合いがないかもしれない。
 ソースは壺に入ったもの1種だけでやや濃厚。直接カツにかけるやりかた。付け合わせにキャベツが添えてあって、特製のドレッシングが1種ある。ほかに、赤だしと漬け物。
 肉は三元豚か。この頃流行りのチェーン店のとんかつなどと比べるとカツにうま味があって味わい深い。ただ、そのチェーン店などのようにご飯やキャベツ、味噌汁のおかわり自由などというものはないから若い人にとっては物足りないかもしれない。
 帰り際に親父に聞いたら創業してちょうど50年だといっていた。


写真1 とんかつ専門店丸五。


写真2 ヒレかつ


写真3 ロースかつ

お勧めの書籍