2013/09/06

岩本町馬の水飲み広場

 秋葉原駅から昭和通りを日本橋方面へ数百メートル、靖国通りとの岩本町交差点の左際に岩本町馬の水飲み広場なるちょっと面白い名の広場がある。
 もう少し細かく位置関係を確認すると、ここは、人形町から水天宮通り(あるいは人形町通り)を北へ向かって来て昭和通りと合流したあたり。つまり、昭和通り、水天宮通り、靖国通りで囲まれた三角地帯にあり、住所は千代田区岩本町三丁目にあたる。
 水天宮通りの地下が東京メトロ日比谷線、靖国通りの地下には都営地下鉄新宿線が通っており、昭和通りには高架に高速道路の1号上野線が走っていて交通の要衝である。
 もっとも広場といっても、ベンチ一つあるわけでもなくて、大きなモクレンの木が1本とツツジが植えられているだけで、広場として活用されているようではなく、ただ、ここは、昭和通りと水天宮通りを連続して横断する長い横断歩道になるわけで、途中で信号が変わってしまった場合など、信号待ちで足を止めるくらいなものである。
 広場には「岩本町馬の水飲み広場」なる腰の高さくらいの石碑が建っていて、それには「この場所は、江戸時代より、房総や東北方面からの物資輸送(米・野菜・魚介類・材木等)のために荷車を引く牛馬の水飲み場として、また、街道を往来する人々の休息の場として、重要な役割を果たしてきました」と記されている。
 地元に勤めていて日頃足を止めることすらなかったところに、こんな記念すべき広場があったなんて秋葉原も多彩である。


写真1 靖国通り側から見た広場。後方の高架は高速1号線


写真2 昭和通り側からの眺め。大きな木はモクレン


写真3 背後の水天宮通り側から広場全景を望む。

お勧めの書籍