2013/08/29

昌平橋

 昌平橋は、神田川に架かる外堀通りの橋。下流側が万世橋で、上流側がお茶の水の聖橋である。別に決まった区分があるわけではないが、大雑把に言えばここらあたりまでが秋葉原か。
 橋の上に立って、下流側を見渡せば左手が外神田一丁目で電気街へと広がり、右手は神田淡路町から須田町へと伸び、神田消防署や神田郵便局が指呼の間。
 上流側を見やれば、頭の上を総武線の鉄橋が川をまたいでいて、左手から出てきた中央線とクロスしている。古くはこのあたりに中央線の昌平橋駅があった。奥には聖橋とその手前で神田川を渡る地下鉄丸ノ内線の鉄橋が見える。
 川に目をやれば、川船がしきりに行き来している。舟運が盛んだった昔日の面影はないが、それでも今日に至るも重要な運搬航路のようで、貨物船の往来は頻繁である。また、休日には観光船も走るこの頃である。
 なお、この橋が最初に架けられたのは寛永年間とされ、当初は芋洗橋などと呼ばれていたようだが、その後、上流聖橋に近いところに五代将軍徳川綱吉が建設した孔子廟である湯島聖堂があり、孔子の生誕地昌平郷にちなみ、この橋も昌平橋と改名したとされている。
 また、調べていたら神田川とその橋に関わる面白い資料があって、それによると、神田川は井の頭池を源流とし、その第一番目の橋を水門橋というのだそうで、ちなみに昌平橋は水源から数えて133番目の橋だということである。
 この先は、万世橋、神田ふれあい橋、和泉橋、美倉橋、左衛門橋、浅草橋と進んで終わりが140番目の柳橋だということである。全長わずか24.6キロの短い川ながら、さすが東京の中央を流れている川だけあって橋の数も多いのだった。
 なお、神田川ということで付け加えると、昌平橋から聖橋、お茶の水橋、水道橋あたりまでがお茶の水渓谷であって、この区間を水上から眺めるとこれはまさしく絶景である。都内に名所旧跡絶景は数多いけれど、これほどすばらしい景観はほかでは味わえないのではないか。



写真1 外神田側から見た昌平橋


写真2 上流を望む。右の鉄橋は総武線、左の煉瓦造高架は中央線で、川の奥が丸ノ内線、聖橋である。


写真3 下流側。突き当たりが万世橋。右の煉瓦造は中央線のガード。かつては万世橋駅だった。

お勧めの書籍