2013/08/19

都バスで巡るのんびり水辺の旅

 お盆休みはどうしようかねと(暑いしどこへ行っても混むし当方としてはあまり気乗りしないままに)家内に問いかけたら、即座に都バスで都内巡りに行こうという返事。
 あまり出掛けたがらない家内としてはこういうことはなかなか珍しいこと。これまでに2度ほど都バスの旅をやっていて気に入ったものらしい。
 然らばということで早速プランを練ることに。これは私の担当。都バス路線図を広げて思案した。それで、前2回は都心山の手を中心に巡る旅だったが、今回は下町から東京のウォーターフロントを巡ることに。都内はバスの便はいいから、行き当たりばったりの旅もハプニングがあって楽しそうだが、大まかでもルートをある程度想定しておくことが肝要なことは前2回までの経験で知っていること。
 8月13日。今日は清澄、深川、若洲、木場、豊洲、月島などと巡る計画だが果たしてどうなるか。
 スタートは秋葉原駅。都バス1日乗車券(500円)を購入して10時05分発葛西行きに乗車。
馬喰町、浜町などと清洲橋通りを進んで隅田川を清洲橋で渡って清澄白河着10時30分。ここでまずは下車。
 ぶらぶら歩いていたら大嶽部屋、北の湖部屋などと相撲部屋が見つかった。ただ、どの部屋も深閑としていて残念ながら稽古風景は見られなかった。お相撲さんたちもお盆休みらしい。あるいは夏巡業に出ているのか。
 隅田川に突き当たる手前で右折し萬年橋を渡った。小名木川といって隅田川と中川を結ぶ運河に架かっている橋だが、なかなか風情がある。橋のたもとに地図の昭文社の社屋があった。
 橋上からは隅田川がすぐそばに見えていてそちらに歩を進めたら、途中に芭蕉稲荷神社という小さな社があった。芭蕉庵があったところなそうで、ここから奥の細道に旅立ったと解説してあった。
 隅田川の左岸は遊歩道になっていて下流に向けて歩いて行った。ビルが水際までびっしり林立しいかにも大東京のウォーターフロントという風景だ。観光船がしきりに上り下りしている。
 さっき渡ってきたばかりの清洲橋が見えてきた。重厚な吊り橋だ。勝ちどき橋もそうだが、隅田川にかかる古い橋はすべてリベット構造だ。現代の高級鋼材を用いた溶接構造なら鋼材重量は6割ぐらいで済むはずだが、このリベット構造というのも大都会の中ではこれはこれで風情があっていいものだ。
 清洲橋からは清澄庭園へ。回遊林泉式というのか、なかなか美しい庭園だ。かつて久世大和守の下屋敷だったところなそうで、その後三菱のものとなり、現在は都営の庭園となっている。全国各地から集めたという磯渡りの石が見事だった。
 ここで昼食。ここは深川。名物のあさり丼をいただこう。江戸深川資料館のそばにある福佐屋に入った。深川丼すなわちあさり丼の専門店である。
 アサリのむき身がたっぷりのっている。アサリの粒が大きい。味付けは江戸のものとはいいながらあまりしょっぱくはない。たったこれだけのシンプルなどんぶりだが、アサリの風味がとてもおいしい。
 さて、12時20分。旅を続行。まずは清澄通りを門前仲町に。ここで乗り換え永代通りを東陽町へ。さらに乗り継いで明治通りを新木場へ。
 ここからは若洲キャンプ場へ向かう。13時58分発。途中、夢の島、木場の貯木場、東京ヘリポート、若洲ゴルフリンクスなどと通る。ここのゴルフ場は世界でもここにしかないといってよいロケーションだ。
 ここでは数度ゴルフをプレーしたことがあるのだが、眼前を東京港を行き交う船が頻繁に行き来する。タンカーありLNG船あり、コンテナ船や自動車運搬船などとある。また、羽田空港に発着する航空機がひっきりなしに横切る。巨大な胴体を銀色に輝かせている。対岸にはビルが建ち並び、大都会の中のゴルフ場という珍しい風景だ。
 約30分で終点若洲キャンプ場。ここは都営の若洲公園だが、東京港の最先端に位置する。ここを訪れたのは公園で遊ぶためではなくて、ここに架かっている東京ゲートブリッジを見物するため。
 その名の通り、東京港に入る船舶が必ずくぐる橋で、恐竜が角を突き合わせたような面白い構造をしている。橋のたもとにはタワーが設置されていて、エレベーターで橋上へ昇ることができた。エレベーターの表示によると9階に相当し、水面から約30メートルの高さとある。東京港が一望にできた。
 帰途は、新木場、東陽町と戻り木場へ。さらに豊洲、月島などと運河が結ぶ街々から晴海通りを銀座に向けて進み、勝ちどき橋を渡って築地に。16時ちょうど。。
 ここで途中下車。築地市場周辺をぶらぶら。築地場外には魚屋や寿司屋が軒を並べていて、ちょっと早かったが手頃な寿司屋で夕食、都バスの旅を無事終えた。


 


写真1 隅田川に架かる橋の中でも名橋の一つ清洲橋


写真2 若洲に架かる東京ゲートブリッジ。構造が面白い。


写真3 築地場外には魚屋や寿司屋が軒を並べている。

お勧めの書籍