2013/07/22

新しいノートパソコン

 出張先などで使用するノートパソコンを新しいものに買い替えた。
 これまではパナソニックのレッツノートを愛用していて、新型が発売されるたびに買い替えてきていて、これまでに3代にもわたって使ってきた。
 このレッツノートのよいところは、なにしろ堅牢なこと。小型軽量で、しかも私のような荒い使い方をするものにとっては最適だった。
 しかし、年月とともに動作環境が遅く感じられるようになったし、OS(オペレーションソフト)も新しいものが欲しくなってきていた。
 それと、ノートパソコンとは別にタブレット端末であるiPadも並行して使うようになってなおさら操作性と携帯性の向上への要求が高まっていたのである。
 それで、パソコンショップに行って種々検討してみた。こういうことでは、勤務先が秋葉原というのは抜群の環境で、会社の周辺にいくらでも電気店はある。
 基本的には、レッツノートの最新型を購入する腹づもりだったのだが、調べてみると新しい機種が続々と登場している。
 タブレットの影響を受けたものであろうが、タブレットの進化形のほか、タブレットとパソコンの一体型のものなどが人気を集めているようだった。
 ただ、iPadを使った経験上、私のように出先で原稿を書いて写真を送るという業務が主体のものにはタブレットタイプは不向きであることはわかっていたので、最初からノートパソコンしか選択肢にはなかった。その上で、より小型で軽量であることが望ましい。
 この視点で選択したのが結果的にはNECのLaVieZというもの。なお、NECではウルトラブックと呼んでいて、世界最軽量875グラムというのがうたい文句。これは実際に驚くほどに軽い。筐体にFRPを使用して軽量化を図ったものらしい。厚さも14.9ミリしかない。ディスプレイサイズは13.3インチのワイドタイプだから、ちょうどA4クリアファイルとほぼ同じサイズ。
 ただ、不満はいくつかある。使い勝手をタブレットに近づけようとしたせいか、タブレットでならほしがるようなソフトがたくさん載っていてこれは余計なお世話。また、ディスプレイも大きすぎるし、そもそもワイドタイプは必要ない。本当は10インチくらいのものが欲しかった。
 つまり、メールをチェックし、インターネットを閲覧し、原稿を書いて、写真を送付できること。これが私のニーズであって、音楽を聴いたり、ビデオを見たり、写真をスライドショーしたりというようなことには当座興味がない。
 また、OSも新しくなっていてWindows8が搭載されている。しかし、これが難物。とにかく使い勝手が悪い。おそらく使いこなせば便利なものなのであろうが、従来のVistaなどになじんできたものにとってははなはだ不都合。
 とにかくメニューが多すぎるし、大半はその使い方がわからない。そういう点ではパソコン本体も同じことでメニュー過剰。
 結局、不必要なメニューをそぎ落とし必要最低限だけ残したり、カスタマイズするのに3カ月もかかってしまった。それでも、Windows8にはまだなじんでいないのが実情。
 ただ、軽量であること(この点では何とiPadと変わらない)、薄いこと、起動はもちろんすべての操作スピードが速いことなどは抜群で、後はいかに習熟していくかというところだ。


写真1 OSにWindows8が搭載されたNECのLaVieZ

お勧めの書籍