2013/05/17

グランフロント大阪

 神戸からは大阪へ移動した。途中、評判のグランフロント大阪に立ち寄ってみた。
 ここは4月下旬にJR大阪駅北側に開業したばかりの新しい複合商業施設。
 いやはや大変な人気ぶりで、平日の昼下がりなのに超満員の客でごった返している。大阪駅から向かって一番手前のビルは吹き抜けになっていて明るいショッピングゾーンとなっていた。人気の店なのか、ある洋菓子店ではカフェに長い列ができていて待ち時間は最後列で90分と表示してあった。
 グランフロント大阪は、ショップとオフィス、ホテル、分譲住宅で構成される複合施設。3つのブロックに超高層ビルが4棟建っている。
 この辺り一帯はかつて梅田北ヤードと呼ばれJRの貨物操車場だったところで、グランフロントはその再開発の第1弾。現在は通称「うめきた」と呼んでいる広大な敷地があり、大阪最後の一等地の再開発として期待が集まっている。
 大阪駅周辺は、阪急や阪神の駅施設をはじめデパートやホテルなどを含めた繁華街は長らく駅南側に開けていた。
 それが駅北側にも開発の手が伸びてきていたもので、2年前に大阪駅が大改造されて大阪ステーションションシティが誕生、これによって南北の連絡が容易となり、大阪駅を挟んで南側にサウスゲートビルディング、北側にはノースゲートビルディンが誕生、とくに北側には三越伊勢丹デパートやステーションデパートなども開業して賑わっていた。
 このたびのグランフロントの開業を契機に、大阪駅周辺は大繁華街へと発展していくこととなり、東京に比べいささかいささか話題の少なかった大阪に明るさをもたらすものと期待できそうだ。


写真1 大阪ステーションシティから見たグランフロント大阪全景。左部分は開発を待つ「うめきた」


写真2 大阪駅から見たグランフロント正面


写真3 吹き抜けが明るいグラントフロント内部

お勧めの書籍