2013/05/07

ナンジャモンジャ

 このたびの連休で近所を散歩していたら、公園で白い花をいっぱいにつけた高木を見つけた。
 遠くから見ていたときには何の木かわからなくて、ハナミズキの花にも似ているように思えたが、ハナミズキの花はとっくに終わったはずだし、さて何だろうかといぶかしく思いながら近づいた。
 そうしたら、やはりハナミズキではなくて、ハナミズキよりもっと高木だし、花は花弁が細いプロペラのような形をしている。花弁の数は4枚だったり6枚だったりと不特定。
 帰宅して調べてみたら、ヒトツバタゴ(一つ葉たご)と呼ばれる樹木らしいが、大変珍しい品種なそうで、昔にも何という花かわからなくて、それでナンジャモンジャと呼ばれるようになったのだという。
 もっとも、ヒトツバタゴすなわちナンジャモンジャということでもないようで、何にしろよくわからないものがあると何じゃもんじゃと呼んでいたということである。
 このヒトツバタゴという樹木は、実際珍種なそうで、わが国における分布も岐阜県や愛知県などのごく一部の地方で見かけるもののようで、4月下旬から5月上旬に咲き、花期は短いということである。
 それにしても、樹木全体は高木だから見栄えもよく、花も真っ白で清楚だし、日本人には好まれるのではないか。それで、関東にも持ち込まれたものであろう。史実によれば、関東では明治期に青山練兵場で目撃されたという記述があるらしい。
 このたびの連休は、おおむね穏やかな好天に恵まれたし、いつもの休日よりも散策の時間が長かったせいもあってか、珍しい花を見つけることができたのだった。


写真1 ナンジャモンジャの木全影


写真2 ナンジャモンジャの花拡大

お勧めの書籍