レーザ加工技術

Laser Processing Magazine
レーザ加工技術

価格:2,200円(本体価格:2,000円)


『レーザ加工技術 Vol.1』

 現代のものづくりにはレーザ加工が欠かせない技術となっており,自動車産業,電機産業,半導体産業,造船業,精密機器産業,エネルギー産業,医療機器産業など幅広い産業で活用されています。もともとレーザ加工技術は各種分野とのイノベーションとして発展してきました。レーザ技術の発展は,レーザ機器,モニタリング,光学系などの周辺機器,加工システムなどのハード面はもちろん,ソフト面である加工プロセス,加工現象,観察技術,レーザビーム走査手法,ビームモードの制御などの面からも非常に進んできています。
 レーザ加工は,アークを加工熱源とする溶接・接合加工に見られる手動・半自動作業が主になっており,このような技能に重きをおく加工プロセスとは異なり,レーザに対する基礎的知識があれば,特別なスキルを身につけたり,技能訓練を経ずに,すぐにでも実加工に適用できるメリットがあるなど,これまでの熱加工の比べ,よりスマートなプロセスとなっています。
 そこで,本書では,すでにレーザを用いて仕事を行っており,さらにもっと良い使い方を考えている人,レーザであんなこと,こんなことができるということは知っているが,自分でも使ってみたいと思っている人達に対し,より高精度・高生産性の高いレーザ加工にトライしてレーザプロセスの優位性を理解していただき,さらなるものづくりの有効な主要ツールとして利用してもらうために,最新レーザ事情と適用事例を紹介しています。

主なコンテンツは以下の通り。
【特集】産業別にみるレーザ加工適用事例
 △巻頭論文 ものづくりに変革をもたらすレーザ技術(最新レーザ溶接技術研究センター・沓名宗春),自動車製造におけるレーザ加工の適用(タマリ工業・三瓶和久),三菱重工業の重工分野におけるレーザ加工適用事例(三菱重工業・坪田秀峰),IHIにおける重工業産業へのレーザ加工適用の動向(IHI・杉野友洋ほか)

【最新技術トレンド】
 △グリーンレーザの特徴と適用事例(トルンプ・中村強),産業用ダイレクトLD発振器の最新動向と適用例(レーザーライン・武田晋),LBCテクノロジーよるステンレス/アルミの高速・高品位切断(アマダ・舟木厚司),急速に進歩する産業用超短パルス(USP)レーザとその応用例(コヒレント・ジャパン・山崎達三),ファイバーレーザ切断機における自動化システムの選定と工程管理のポイント(三菱電機・金岡優)

【ルポ/レーザ加工現場を訪ねて】
 溶接品質評価に独自技術のモニタリングシステムで対応/レーザによるトータルソリューションを提案 前田工業(編集部)

【入門教室/レーザ加工機と加工技術】
 第1回 レーザ発振器の技術潮流と進化(中央大学研究開発機構・新井武二)

【連載講座/レーザ加工における課題解決の処方箋】
 第1回 レーザ切断(その1)(光産業創成大学院大学・坪井昭彦)

A4変形  112ページ

レーザ加工技術

カテゴリー