ISMA成果報告、開発進む接合技術

18/02/06

新構造材料技術研究組合(ISMA、岸輝雄理事長)は1月26日、東京・千代田区のイイノホール&カンファレンスセンターで2017年度成果報告会(共催=新エネルギー・産業技術総合開発機構[NEDO])を開催した。会場には経済産業省、NEDO、組合員、再委託機関のほか、構造材料の研究開発に関心をもつ企業や研究機関、大学などから約360人が参集。接合に関しては今年度末まで取り組む超ハイテン鋼などの同種金属、アルミニウム/炭素繊維強化樹脂(CFRP)などの異種材料の接合技術に関する研究開発の成果を示した。
【第3229号】

TOP画面へ

お勧めの書籍