溶接日本一、根崎・坂口選手が栄冠

18/01/02

日本溶接協会は、昨年10月に開催した第63回全国溶接技術競技会東部地区神奈川大会の入賞者全42人を決定した。溶接日本一の栄誉である最優秀賞は神奈川県代表の根崎弘崇(被覆アーク溶接=手溶接=の部、IHI)*、坂口直也(炭酸ガスアーク溶接=半自動溶接=の部、トヨタ自動車の両選手が受賞した。 (*根崎選手の「崎」は、正しくは「山」偏に「竒」)最優秀賞につぐ特別優秀賞は広島県代表の岩奥康平選手(手溶接、マツダ)、神奈川県代表で出場選手中最年少の20歳だった岩崎拳也選手(半自動溶接、IHI)が受賞した。
【第3225号】

TOP画面へ

お勧めの書籍