造船特集/生産性革命への取り組み

17/09/19

造船業界は2015年までは船の規制強化による駆け込みや、円安の追い風で、受注は好調に推移したものの、16年以降は低水準が続く。ただ、当面の仕事量は確保しており、関係者によると「15年末ごろはさらに稼働ペースがダウンし、溶接材料需要の減少を見込んでいたが、それほど大きな落ちこみはないというのが足下の状況」だ。本特集では、造船工場ルポや溶接関連メーカーのインタビューなどで、造船業界の現状を特集する。
【第3211号】

TOP画面へ

お勧めの書籍