特集/炭酸ガス市場の現状と課題

17/03/07

需給タイトや原料ソースの減少など炭酸ガス業界を取り巻く環境は依然として厳しい状況が続いている。メーカー各社は安定供給という名のもとでの、設備投資やロジスティクスの改善といった課題を強いられており、その負担は年々、増していくばかりだ。政府が進める国際競争力確保に向けたエネルギー供給構造高度化法により製油所や化学プラントの閉鎖・集約が進み、高濃度な原料ソースによる製造は難しくなってきている。顧客からのニーズはあるものの、供給が追いつかないというアンバランスな状態も恒常化している。とりわけ昨年においては需要期である夏場のひっ迫した状況は危機的だったと語る関係者は多かった。
【第3185号】

TOP画面へ

お勧めの書籍