溶接ニュース

溶接を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,工業材料や工業製品の生産統計,注目される話題の探訪,現場からの報告等,全国各地にわたる取材網を活かし,様々な情報を提供する毎週火曜日発行の新聞。一般社団法人日本溶接協会の機関紙でもあり,同会の各委員会や各支部行事の詳細も報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2017/09/19

溶接・溶断従事者は17万7千人

総務省統計局による2015年国勢調査の結果がこのほどまとまった。それによると、金属溶接・溶断従事者数は17万7100人で全労働人口の0・3%%を占めることが明 らかになった。国勢調査は、わが国の人口、世帯、産業構造当の実態を明らかにし、国および地方公共団体における各種行政施策の基礎資料を得ることを目的にして行われる国のもっとも基本的な統計調査である。調査は1920年以来ほぼ5年ごとに行われており、...

詳細はこちら

2017/09/19

造船特集/生産性革命への取り組み

造船業界は2015年までは船の規制強化による駆け込みや、円安の追い風で、受注は好調に推移したものの、16年以降は低水準が続く。ただ、当面の仕事量は確保しており、関係者によると「15年末ごろはさらに稼働ペースがダウンし、溶接材料需要の減少を見込んでいたが、それほど大きな落ちこみはないというのが足下の状況」だ。本特集では、造船工場ルポや溶接関連メーカーのインタビューなどで、造船業界の現状を特集する。 ...

詳細はこちら

2017/09/19

特集/炭酸ガス

用途の半分を溶接が占める炭酸ガス。食品や農業、医療分野など幅広い可能性が広がるが、厳しい需給環境が続く。メーカー各社は供給責任を果たすための製造プラントの新設やロジスティクスの改善など課題を強いられている。炭酸ガスの現状を特集した。 【第3211号】 ...

詳細はこちら

2017/09/19

特集/甲信越の景況と展望

高速道路や鉄道インフラが整い、関東圏へのアクセスが良い甲信越地域。リニア中央新幹線の建設工事も経由地の山梨、長野では着々と進む。山梨、長野、新潟3県の景況と展望、溶接関連製品の需要動向をメーカー、ディーラーに取材した。 【第3211号】...

詳細はこちら

お勧めの書籍