溶接ニュース

溶接を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,工業材料や工業製品の生産統計,注目される話題の探訪,現場からの報告等,全国各地にわたる取材網を活かし,様々な情報を提供する毎週火曜日発行の新聞。一般社団法人日本溶接協会の機関紙でもあり,同会の各委員会や各支部行事の詳細も報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2017/08/22

2017チャレンジフェア開催へ

主催店約140社250事業所、協賛メーカー約160社が参加する溶接関連機器・機械工具の展示即売会「2017チャレンジフェアinTOKYO」(協賛=日東工機、出展メーカー)が9月22・23日の2日間、東京・台東区の都立産業貿易センター台東館で開かれる。主な出展社とその見どころを特集する。 【第3207号】...

詳細はこちら

2017/08/15

1―6月溶接材料、出荷6%生産3%増

日本溶接材料工業会がまとめた2017(平成29)年1―6月(暦年ベース)の溶接材料生産・出荷・輸出実績によると、生産量は前年同期比3・7%増の12万4457t、出荷量は同6・4%増の12万7095tで推移し、それぞれ3期ぶりに前年同期実績を上回った。輸出量は同22・7%増の1万6680tで3期ぶりにプラスに転じた。 【第3206号】...

詳細はこちら

2017/08/15

新潟県で高校生溶接講習会

新潟県高等学校長協会工業部会は8月1・2日の両日、新潟市中央区の新潟テクノスクールで「2017年度高校生溶接技術講習会」(後援=新潟県溶接協会、神戸製鋼所)を開催。県内7校から生徒16人、教員11人が参加し、溶接の基礎知識・技能を学んだ。同講習会は、「新潟県高校生溶接コンクール」に出場する生徒や教員の技能向上を目的に毎年開催しているもの。同コンクールの上位2選手が県代表として出場する「関東甲信越高...

詳細はこちら

2017/08/15

三菱重工、造船事業を分社化

三菱重工業は7月31日、造船事業の分社化を決定した。分社化した新しい造船会社は来年1月1日付で設立し、今後は商船などの設計や開発を事業の中心に据える。すでに提携を決めている今治造船や大島造船所、名村造船所と部品の共同購入などを進めてコストの削減を進める。 【第3206号】...

詳細はこちら

お勧めの書籍