溶接ニュース

溶接を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,工業材料や工業製品の生産統計,注目される話題の探訪,現場からの報告等,全国各地にわたる取材網を活かし,様々な情報を提供する毎週火曜日発行の新聞。一般社団法人日本溶接協会の機関紙でもあり,同会の各委員会や各支部行事の詳細も報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2017/03/14

日本溶接協会賞、宮田隆司氏が功績賞

日本溶接協会は第47回日本溶接協会賞受賞者を決定した。宮田隆司氏(日本溶接協会前会長、名古屋大学名誉教授、日本溶接協会顧問)が、協会事業に特に顕著な功績のあった者に授与する功績賞の栄誉に輝いた。また協会事業に顕著な功労のあった者に授与する功労賞は百合岡信孝氏(元新日本製鉄、元大阪大学接合科学研究所招聘教授、日本溶接協会顧問)に贈る。 【第3186号】...

詳細はこちら

2017/03/14

経産省、製造業の安全対策協会

経済産業省、厚生労働省、中央労働災害防止協会は3月2日、製造業の主要業界の経営層とともに、「製造業安全対策官民協議会」を設立すると発表した。安全対策の分野において、官民連携の協議会で業種横断的な活動を行うのは、今回が初の事例。同協議会では、官民による連携のもと、安全対策に関する認識の共有や情報の発信、現場力・教育・リスクアセスメントなどの促進、設備対策の強化など、今後実施すべき取組みの検討や、同検...

詳細はこちら

2017/03/14

特集/日酸TANAKA創業100周年

日酸TANAKAは今年3月15日で創業100周年を迎えるとともに、田中製作所、日本酸素産業機材事業部、日酸商事が合併した新会社となって15周年という節目の年を迎えた。同社は1919年、田中亀久人氏が現在の東京都台東区で創業。高品質なガス溶断機の供給で戦後の復興を支え、さらには厚板向けレーザ切断機のパイオニアとして、日本の高度なものづくりに貢献してきた。激動の100年を振り返るとともに、さらなる発展...

詳細はこちら

2017/03/14

地域特集/東北地方

東日本大震災が発生してから、今年で6年が経過した。被災地の復興はいまだ道半ばだが、鉄骨や自動車などの溶接関連産業は力強く回復を遂げ、着実に前進を続けている。東北地方の「今」を、ユーザールポとディーラーのインタビューでレポートする。 【第3186号】...

詳細はこちら

お勧めの書籍