2005年(平成17年)8月2日 第2629号

05/08/02

●《トップニュース》
ダイヘンマスターズ会議開く、有力代理店・販売店首脳一堂に/信頼関係さらに強固
ダイヘンは、このほど大阪市内で2005年度ダイヘンマスターズ会議を開催した。会議には有力代理店・販売店首脳をはじめダイヘン最高幹部、同社グループ企業などが一堂に結集。市場にマッチしたタイムリーな製品開発を推し進め、世界を視野に入れた溶接機・ロボットメーカーとして世界5極でのトップを目指す方針を改めて確認した。
●日立ビアエンジニアリング、次世代デジタル溶接電源開発/9月めどに市場投入
日立ビアエンジニアリング(旧日立ビアメカニクス)は、このほど次世代デジタル溶接電源「DT-CRE350」を開発した。新製品は、ロボット用電源として自動車メーカーで使用されてきた高性能電源のノウハウを生かしたもの。電源電圧の異なる3タイプの基本電源に、スパッタレス・Ep/En・ティグ・交流−−それぞれのユニットを組み合わせ、全地域でコンパクトに使用できる。
●マツモト産業、200人出席しOWF決起大会を開催/開催に向け商戦展開へ
マツモト産業は、11月5・6の両日に大阪市内で開催される大阪ウエルディングフェスタ(=OWF)2005の決起大会を開催した。OWFは関西地区最大の溶接・産業機器展で、決起大会には主催店・出展社から約200人が参集。今回は動員1万人、売上50億円(7月1日からカウント)との目標が発表され、 OWF成功に向けて士気高揚が図られた。

TOP画面へ

お勧めの書籍