2005年(平成17年)7月12日 第2626号

05/07/12

●《トップニュース》
HUBTEC2005ものづくり中部、大盛況/国内外に情報発信、来場者2万7000人超える
中部地区初の溶接・レーザ総合技術展「HUBTEC2005ものづくり中部」は、6月30日から7月2日までの3日間、名古屋市港区のポートメッセなごやで盛大に開催された。同展では国内外から120社・団体が最新製品・技術を披露。多彩なイベント・セミナー、併催行事も好評で来場者総数は2万7043人に達した。
●大陽日酸と鈴木商館、医療ガス・機器販売事業を統合/10月に新会社・日本メガケア設立
大陽日酸と鈴木商館は、10月1日付で医療ガス・機器販売事業を統合する。大陽日酸グループの小澤酸素(千葉市若葉区)及び大和酸器(東京・豊島区)と、鈴木商館グループの鈴商メディカル(同・板橋区)の3社を統合し、激変する医療ガス分野での競争力強化を図る。統合新会社の社名は新たに日本メガケアとする。
HUBTEC2005ものづくり中部・総集編PART1●注目集めた溶接技能の教育と訓練
HUBTEC 展示会場内特設ブースでは、豊田自動織機とトヨタ自動車による「新人教育・技能向上教育・検定受検教育」の講演・実技や、技能教育・訓練に関連イベントとして若手溶接技能者が技能五輪にチャレンジするコーナーも設けられた。豊田自動織機からは、フォークリフトなどを扱うL&Fカンパニーが社内の技能教育などについて講演した。
●日鐵住金溶接工業、平尾新社長を囲み昼食会/東日本溶朋会の商社・問屋集う
。日鐵住金溶接工業は7月4日、都内のホテルで平尾隆新社長を囲む昼食会を開催した。会場には東日本地区溶朋会の商社・問屋25社が参集。あいさつした平尾社長は、「デリバリーと品質確保に注力し、自ら市場をけん引する製品開発に向け、ディーラーと一体となって取り組みたい」などと語った。

TOP画面へ

お勧めの書籍