溶接ニュース

2000年の記事一覧

2000/12/26

2000年(平成12年)12月26日 第2408号

●《トップニュース》2000年の業界回顧 ◇ 溶接材料:出荷量3年ぶりの上昇、ソリッド、FCW健闘・鉄構向けの伸びが要因◇溶接機・ロボット:直流、標準自動に顕著な回復が・北米向け輸出に陰り◇ 切断機器:中大型機中心に急回復・輸出は減速傾向強まる・ユーザーは業者・格差広がる・97年の水準が回復の目安◇高圧ガス:業界再編の火種残す・IT向け主体に穏やかに回復・酸素、アルゴンは堅調推移 ●決算に見る産...

詳細はこちら

2000/12/19

2000年(平成12年)12月19日 第2407号

●《トップニュース》松下産機 半導体レーザ精密接合装置開発 集光密度向上と複合冷却系による高品質接合を実現した「半導体レーザ精密接合装置」を開発/高輝度なレーザ光出力を得ることが出来るため高精度・高能率な接合加工を可能にするとともに半導体レーザの発行効率の良さを生かした小型化で生産ライン面積の有効利用が図れる ●セイワ製作所 半導体励起YVO4レーザマーカ発売 YVO4 (四酸化バナジウム)結晶...

詳細はこちら

2000/12/12

2000年(平成12年)12月12日 第2406号

●《トップニュース》エア・ウォーターグループ 米社と合弁会社設立 エア・ウォーターは、大同エアプロダクツ・エレクトロニクスとともに、米国キネティックス社と半導体製造装置用のガス・ケミカル供給装置の製造販売合弁会社の設立に合意し来年1月に最終調印を取り交わす/合弁会社名は「キネティックス・ジャパン?梶v/資本金は1億円本社は大阪に置く/出資比率はエア・ウォーター10%、大同エアプロダクツ41%、キ...

詳細はこちら

2000/12/05

2000年(平成12年)12月5日 第2405号

●《トップニュース》日本酸素 CE監視・管理システム本格導入 日本酸素は、液化ガス貯槽(CE)の液面レベルを遠隔地から監視・管理するシステムの信頼性を向上させ新機能を追加した「CEVENS」を開発本格導入した/当面は年間100台程度の設置を目標にしている ●金材研 薄板の新溶接法開発 科学技術庁金属材料技術研究所は、薄板鋼板の溶接部の疲労強度を従来比1・5倍、疲労寿命を50倍以上に高める溶接法の...

詳細はこちら

2000/11/28

2000年(平成12年)11月28日 第2404号

●《トップニュース》岐路に立つ溶解アセチレン市場 溶解アセチレンの生産量が2000年度から回復の兆しを見せている/平成9年半ばから前年同月比減産が続いていたが今年度に入って一進一退に好転。上半期の生産実績は前年同期比1・3%減とほぼ前年並みの水準を維持/生産回復も下期不透明/拠点統廃合の動き再燃か ●《特別特集》「土路石川橋梁工事」に見る現場溶接の自動化 来年7月山口で開催される「きらら博」オー...

詳細はこちら

2000/11/21

2000年(平成12年)11月21日 第2403号

●《トップニュース》神戸製鋼所 小型溶接ロボを投入 多用途対応機種出揃う 神戸製鋼所は厚板大型構造物向けの小型溶接ロボット「ARCMAN-SR」を開発・受注活動を開始/販売価格は溶接電源を含む標準構成一式で460万円/納入開始は2001年3月中旬 ●住友重機械工業 レーザ事業の売上高100億円達成へ 11/13 にレーザ事業の2000年度売上高100億円の目標達成に向け、YAGレーザ用溶接モニタ...

詳細はこちら

2000/11/14

2000年(平成12年)11月14日 第2402号

●《トップニュース》アーク台数・金額とも国内で30数%の伸び 日本ロボット工業会発表4月〜9月の溶接ロボットの出荷台数・金額/アーク溶接ロボットの出荷台数は前年同期比で9・4%の伸び/金額は21・0%増で顕著な回復傾向を見せている/自動車関連の設備投資に支えられ立ち直る ●秋の叙勲発表《斯界関係者》 勲三等旭日中綬章に青木弘氏(エア・ウォーター会長)/同・水野政夫氏(京都大学名誉教授)/勲五等双...

詳細はこちら

2000/11/07

2000年(平成12年)11月7日 第2401号

●《トップニュース》第46回全国溶接技術競技会開く 溶接技量日本一の座を競う平成12年度全国溶接技術競技会愛媛県大会が松山市を舞台に10/28・29行われた/20世紀最後の日本一を目指して熱戦を展開 ●『OWF』目標を突破し終了 2000OWF (大阪ウエルディングフェスタ)が10/27・28インテックス大阪で開催/動員目標5000名を大きく上回る9300名の来場者/成約面でも目標35億円に対し...

詳細はこちら

2000/10/31

2000年(平成12年)10月31日 第2400号

●《トップニュース》秋の神溶会総会 21世紀初年度“アルカディア2001”掲げる 2000年秋の神溶会総会が10/24京都の都ホテルで開催/窓口商社・指定商社20社、全国の地区指定商社31社などが参加/2003年をめどに事業持株会社への移行を目指す/21世紀初年度をアルカディア(ギリシャ語で理想の意味)2001と命名し理想実現の第一歩へ ●《企業特集》第2回フェスタINさいたま 鈴木商館が有力販...

詳細はこちら

2000/10/24

2000年(平成12年)10月24日 第2399号

●《トップニュース》溶接機市場に明るい兆し TIG・CO2溶接機の回復顕著  久しく低迷を余儀なくされ暗いムードがただよっていた溶接機業界に明るい兆しが/通産省統計の平成12年度4月〜8月の電気溶接機生産実績による見解/直流溶接機のメインとなるTIG溶接機需要が大幅に伸び台数で1万213台、前年実績38・9%増、CO2を主体とする標準自動溶接機が台数で1万3005 台、同14・0%増/要因として...

詳細はこちら

2000/10/17

2000年(平成12年)10月17日 第2398号

●《トップニュース》第46回全国溶接技術競技会開幕迫る 今世紀最終を愛媛で  20 世紀最後の溶接技量日本一の座を決める第46回全国溶接技術競技会(日本溶接協会主催・産報出版協賛)が愛媛県の松山市で10/28・29開催/開催場所は愛媛県松山市の雇用・能力開発機構・愛媛県職業能力開発促進センター(ポリテクセンター)にて/参加選手は112名/各都道府県で行われた地区予選を勝ち抜いた選手が一堂に/昨年...

詳細はこちら

2000/10/10

2000年(平成12年)10月10日 第2397号

●《トップニュース》三菱電機 固体レーザで50μm実現  同社はこのほど高効率・高出力と高ビーム品質を同時に実現した、平均出力500w(ピーク出力5KW)で、電気光変換率20%、集光径50μm以下を実現した半導体励起固体レーザを開発/通産省工業技術院の「フォトン計測・加工技術」の一環として進めてきた開発プログラムの中間成果の一部/産業用途へのレーザ技術の適用拡大を図るため炭酸ガスレーザを超える高...

詳細はこちら

2000/09/26

2000年(平成12年)9月26日 第2396号

●《トップニュース》全国の溶材景況厳しさ色濃く  9/7に開催された全国高圧ガス溶材組合連合会の平成12年度第1回理事会での全国各地区の報告/民間設備投資が回復傾向を強めるなど景気は上向きの兆しを見せ始めているが景気感の厳しさは相変わらず変化がない/需要低迷と競争激化は長期化する様相を呈している ●新潟の有力溶材商15社 11月に展示即売会 展示即売会「2000ウエルディングIN新潟」(日東工機...

詳細はこちら

2000/09/19

2000年(平成12年)9月19日 第2395号

●《トップニュース》安川電機 欧州でのロボット事業強化  同社の欧州におけるロボット生産・販売事業総会会社であるモートマン・ロボテックスヨーロッパ社(スウェーデン)傘下のドイツのロボットシステム工場を1・5倍に拡張/スロベニアにある同社のロボットシステム標準製品量産工場の生産増強と併せてドイツを中心とした需要拡大に対応する/従業員も従来の166名から180名に増員/2000年度の海外販売目標22...

詳細はこちら

2000/09/12

2000年(平成12年)9月12日 第2394号

●《トップニュース》第46回全国溶接技術競技会出場選手決まる  日本溶接協会主催・産報出版協賛による平成12年度第46回全国溶接競技会愛媛大会が10/28・29ポリテクセンター愛媛で開催/全国各都道府県からの出場選手がこのほど発表された/今回の出場者は総勢112名。被覆アーク溶接の部54名・炭酸ガス半自動アーク溶接の部58名/全国各地の予選を勝ち抜いてきた猛者だけに今世紀最後の全国大会にかける意...

詳細はこちら

2000/09/05

2000年(平成12年)9月5日 第2393号

●《トップニュース》ゴムホース工業会が新JIS対応で、新溶断用ゴムホース10/1から発売  日本ゴムホース工業会は国際規格(ISO)との整合性や機能の充実を図るため日本工業規格の改正を進め昨年7月に日本工業標準調査会の審議を経て改正発行/ゴムホース工業会会員6社が1年の準備期間を経て10/1から新しいJIS規格に基づいた溶断用新ゴムホースを市場投入する ●ダイヘン ステンレス溶接焼け洗浄装置発売...

詳細はこちら

2000/08/29

2000年(平成12年)8月29日 第2392号

●《トップニュース》電気溶接機上半期(1〜6月)の動き  通産省発表、電気溶接機生産実績まとめ/アーク溶接機5万4830台(前年同月比5・3%増)、金額143億600万円(同5・5%増)/抵抗溶接機4484台(同16・4%増)、金額67億3300万円(同37・6%減)/機種別では直流溶接機が最も伸びが大きかった/理由はTIGの需要が好調だったこと/TIG需要:ATM(現金自動預け払い機)の製缶や...

詳細はこちら

2000/08/22

2000年(平成12年)8月22日 第2391号

●《トップニュース》溶接ロボット市場1〜6月アークの伸び顕著 日本ロボット工業会発表1〜6月の溶接ロボットの出荷台数・金額/アーク溶接ロボット出荷台数3918台(前年比12・3%増)金額140億4700万円(同7・9%増)/前々年下期から低落傾向に歯止め/自動車関連向け14%アップ ●セキ工業 抗溶接用電極チップ抜き工具開発 抵抗溶接用電極チップを傷つけずに引き抜くことの出来る工具開発・販売開始...

詳細はこちら

2000/08/08

2000年(平成12年)8月8日 第2390号

●《トップニュース》発電設備用溶接士・溶接施工法認証制度 日溶協業務スタート 日本溶接協会技術基準・認証委員会の発電設備用溶接技術検討委員会でかねてから検討されてきた発電設備用溶接士ならびに溶接施工法の資格認証業務が8/1からスタート/従来、発電設備関係の溶接士の技能認証および溶接施工法の認証業務は指定検査機関の専任事項であったが7/1施行の改正電気事業法では「電気工作物の溶接の技術基準の解釈」...

詳細はこちら

2000/07/25

2000年(平成12年)7月25日 第2388号

●《トップニュース》IIW2000年度年次総会盛大に IIW (国際溶接学会)の2000年度年次総会が7/9〜7/14までの6日間にわたりイタリアの古都フローレンスで盛大に開かれた/53回目を迎えた今年の大会は32カ国から578名が出席ほぼ例年通りの規模となった/日本からは90名、アメリカからは76名、ドイツからは64名が出席 ●神奈川合同アセチレン 10月発足 横浜アセチレンは6/20に開催し...

詳細はこちら

2000/07/18

2000年(平成12年)7月18日 第2387号

●《トップニュース》乾式安全器工業会 逆火事故撲滅へ安全キャンペーン 1992年の高圧ガス取締法の改正により取り締まりが厳しくなったことで逆火事故は減少傾向へ/7/1からスタートした全国安全週間を契機に一層の逆火事故減少を目指してパンフレットを作成PR活動を進める ●ダイヘン 小型・軽量のポータブル形スタッド溶接機『CD-8・10』の2種類を発売 車両・事務機・電気機器などの薄板板金向けで100...

詳細はこちら

2000/07/11

2000年(平成12年)7月11日 第2386号

●《トップニュース》ダイヘン 業界初の新鋭機マイコン搭載サイリスタ制御溶接機開発 マイコン搭載のサイリスタ制御溶接機『ダイナオートXD500G・600G』の2機種を開発/500Gを7/10から、600Gを8月末から発売する/CO2・MAG、アークエアガウジング、手溶接−兼用タイプに加え、サイリスタ制御にマイコンを搭載したことで溶接電流値を設定するだけでマイコンが全電流域で適正電圧を自動的に出力/...

詳細はこちら

2000/07/04

2000年(平成12年)7月4日 第2385号

●《トップニュース》川鉄と川鉄テクノ両社の共同開発でパイプライン自動溶接技術開発 傾斜管や曲げ管などパイプライン高圧管特殊部の自動溶接施工技術を開発/この開発は国内でははじめてで本格的運用に向け溶接法承認の取得活動などをすすめ、来年4月には実用化に踏み切る予定\n●《企業特集》第8回全国ダイサン会札幌で開く 6/22京王プラザホテル札幌で、約150名出席のもと総会開催/デューク会長「質的一流企業...

詳細はこちら

2000/06/27

2000年(平成12年)6月27日 第2383号

●《トップニュース》日本産業ガス協会総会開く 日本産業ガス協会(JIGA)は6/14東京・東京会館ゴールドルームで平成12年度定時総会を開催/組織改正が行われ、国際・技術の両統合委員会を一体化して総務・業務・技術の三統合委員会体制に移行/統合技術委員会には国際ワーキンググループ(WG)を新設/事故情報システムをホームページ内に構築することも承認 ●《1頁企業広告》鈴木商館 創業95周年第10回グ...

詳細はこちら

2000/06/20

2000年(平成12年)6月20日 第2382号

●《トップニュース》全国イワタニ会が総会 6/12 山中温泉河鹿荘ロイヤルホテルに全国の地区イワタニ会代表を含む関係者61名を集め総会開催/牧野社長が「国内事業をより強化し環境変化に積極的に対応する」とあいさつ/バリューアップ2000キャンペーンの成功報告行われる/ISO9000sおよび14001認証取得支援サービスの説明行う ●デンヨー マイコン制御の可変速エンジン溶接機「イービックeAVC3...

詳細はこちら

2000/06/13

2000年(平成12年)6月13日 第2381号

●《トップニュース》「第57回全溶連大会」盛大に 6/8・9名古屋マリオットアソシアホテルにて開催/第55回大阪大会に次ぐ史上2番目の参加者584名が結集/業界功労者22名を表彰/“取引契約書”は重要を満場一致で承認/次回の2001年・第58回大会は東京都高圧ガス溶材協同組合の担当による東京開催 ●小池酸素工業 環境関連機器分野に本格参入 同社は環境関連機器分野に参入し新事業として本格的に育成し...

詳細はこちら

2000/06/06

2000年(平成12年)6月6日 第2380号

●《トップニュース》日本溶接協会が第51回通常総会 第26 期(第51回)通常総会が5/31、東京文京区湯島の東京ガーデンパレスにて開催/藤田日溶協会長「溶接会館」建設明らかに/2007年までに建設することが正式に決定/日本溶接協会本部を移転すると同時に関連団体全てを入れ日本の溶接センターとしたい意向/候補地は未定だが山手線の秋葉原から五反田の間の駅近/地下1階地上5階建て規模のビル予定\n●三...

詳細はこちら

2000/05/23

2000年(平成12年)5月23日 第2379号

第57回全溶連大会特集号 ●《トップニュース》第57回全溶連大会2000東海 6/8名古屋マリオットアソシア・ホテルにて開催/55回大阪大会の620名に次ぐ史上2番目560名が参加/団結と協調で課題解決めざす/大会宣言文“新世紀新たな気持ちで自主保安”“環境浄化改善で地球を癒す全溶連”の旗のもと幕開く ●大阪酸素工業ら 国内最大規模充填工場建設 大阪酸素工業、小池酸素工業、高圧ガス工業、合鐵商事...

詳細はこちら

2000/05/23

2000年(平成12年)5月23日 第2379号

●《トップニュース》日本溶接協会第27期新役員を選出 5/19協会本部で第26期第4回・第27期第1回合同評議員会を開催/第27期(平成12年度・13年度)の新役員を選任/今期からは定款に基づき理事の数を25名から30名に増員/従来欠けていた分野、新分野への理事の補充を果たす ●岩谷産業 関西電力と合弁事業を展開へ 岩谷産業はLNG(液化天然ガス)の関連事業を関西電力、宇部興産、コスモ石油と展開...

詳細はこちら

2000/05/16

2000年(平成12年)5月16日 第2378号

●《トップニュース》川崎重工業 新工法用い板厚15mmを毎分1m以上の高速溶接に成功 波長1ミクロン帯のレーザビーム合成出力では世界最高となる16kwのレーザを用いて、板厚15mmのステンレス鋼及び軟鋼を1分間に1m以上の高速溶接に成功/同研究は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が産業科学技術研究開発制度で97年から実施している「フォトン計測・加工技術」プロジェクトのテーマの一つの「...

詳細はこちら

2000/05/02

2000年(平成12年)5月2日 第2377号

●《トップニュース》原研、遠隔ロボット溶接に成功 ロシア、米国が協力 原研は4/27、国際熱核融合実験炉「ITER」用大型真空容器の開口部(ポート)を遠隔溶接ロボットで溶接することに成功したと発表/日本が製作した実物大の真空容器モデルに、ロシアが製作したポート延長部を米国が製作した遠隔溶接ロボットで溶接/真空容器モデルは高さ15?b、幅9?b、断面がD型のステンレス製/米国が開発した遠隔溶接ロボ...

詳細はこちら

2000/04/25

2000年(平成12年)4月25日 第2376号

●《トップニュース》2000年度神溶会本部会開く 50周年を記念して世界的大会を 新会長に福澤営業部長就任 4/19大阪市の新阪急ホテルで本部会を開催/冒頭に神戸製鋼所溶接カンパニー島田執行社長は、来年、神溶会が50周年を迎える記念行事として秋に日本で世界的な大会を予定していると表明 ●溶接学会 新会長に須清修造氏 溶接学会の第68回通常総会が4/12〜14大阪のコスモスクエア国際交流センターで...

詳細はこちら

2000/04/18

2000年(平成12年)4月18日 第2375号

●《トップニュース》2000国際ウエルディングショー盛大に 景気回復の期待かけ 業界発展、活性化の起爆剤に 4/12〜15 インテックス大阪にて開催/出展社数は122社、出展小間数は600小間/長引く不況の中というハンディはあったものの会期中は最終日を除いて天候に恵まれ、来場者数は延べ5万2190名/最終日は最高の2万1541名の入場者があった/併催行事のレーザ加工国際フォーラムは今回で3回目を...

詳細はこちら

2000/04/11

2000年(平成12年)4月11日 第2374号

●《トップニュース》第30回日本溶接協会各賞決まる 第30回日本溶接協会各賞を明らかに/業績賞4件、貢献賞9件他、従来の技術賞を技術賞本賞と技術賞開発奨励賞に分けそれぞれ本賞1件開発奨励賞2件さらに今年度から制定された会長特別賞に4件が受賞 ●藤田譲日溶協会長を再選 連続6期手腕ますます期待 第27期会長および監事選挙の開票結果、藤田譲会長が圧倒的な支持を得て連続6期の当選を果たした/来年は21...

詳細はこちら

2000/04/04

2000年(平成12年)4月4日 第2373号

●《トップニュース》大陽東洋酸素 日本炭酸を完全子会社化 ガス事業基礎を拡充 大陽東洋酸素、日本炭酸、三菱化学は3/27ガス事業基礎の拡充強化を図るため大陽東洋酸素と日本炭酸の両社事業統合を発表/今年9/1付で株式交換により大陽東洋酸素が日本炭酸を完全子会社化することで基本合意 ●『2000国際ウエルディングショー』で満を持して披露 神戸溶接カンパニー・日鐵溶接工業・岩谷産業 《神戸溶接カンパニ...

詳細はこちら

2000/03/28

2000年(平成12年)3月28日 第2372号

2000国際ウエルディングショー特集号 ●《トップニュース》2000国際ウエルディングショー目前に 国際色豊かな展示 「21 世紀の扉を開く溶接・接合技術−考えてみませんか、ものづくりの原点を−」を基本テーマに4/12〜15日・インテックス大阪で開催/4年ぶりの大阪開催、122社が600小間で21世紀に向けた溶接技術商品システムなど開発商品を一堂に/厳しい環境下ながらほぼ前回の大阪開催に近い規模...

詳細はこちら

2000/03/21

2000年(平成12年)3月21日 第2371号

●《トップニュース》安川電機の産業用ロボット“モートマン”受注好調 1999 年の産業用ロボット総出荷台数は前年同期比で20%増の約6000台と大幅増を記録/国内市場が低迷する中国内向け出荷台数は1・7%増の約2700台を堅持し国内シェアは2・1%アップの16%/米国のロボット生産・販売子会社「モートマン社」のロボットシステム工場の拡張や販売・サービス体制の強化や欧州などのロボット事業強化による...

詳細はこちら

2000/03/14

2000年(平成12年)3月14日 第2370号

●《トップニュース》2000国際ウエルディングショー開催に先駆け記者会見開催 4/12〜15、インテックス大阪で開催の2000国際ウエルディングショー主催・日本溶接協会、産報出版が3/7協会本部で記者会見行う/日本溶接協会藤田会長:ものづくりの原点は溶接技術、その原点の重要性を一人でも多くの人に認識していただきたい/産報出版馬場社長:今回の出展社は122社で前回の大阪開催と比べ4社の減だが厳しい...

詳細はこちら

2000/03/07

2000年(平成12年)3月7日 第2369号

●《トップニュース》1999年溶接機市場は最悪数字 低価格の競争から高付加価値競争へ 1999 年の溶接機市場は2年続きの最悪数字/主力の標準自動溶接機に回復の兆しが見られず昨年の33%減を受けての20・9%の大幅ダウン/代替需要の不振のなか、需要掘り起こしのメーカー取り組みが今後の課題の一つ/4月開催の「国際ウエルディングショー」に出展される新製品が需要喚起の起爆剤になることに期待大/長期にわ...

詳細はこちら

2000/02/29

2000年(平成12年)2月29日 第2368号

●《トップニュース》溶接ロボ、アーク、スポットに明暗 国内、輸出とも自動車で好調スポットロボ 日本ロボット工業会発表平成11年1月〜12月の溶接ロボットの出荷台数・金額発表/アーク溶接ロボットの出荷台数は7726台(前年比1・3%減)金額は 273億1600万円(同13・1%減)/スポット溶接ロボットは7888台(25・7%増)、金額385億2800万円(16・5%増)と好調/アーク溶接ロボット...

詳細はこちら

2000/02/22

2000年(平成12年)2月22日 第2367号

●《トップニュース》2000国際ウエルディングショー 満を持し115社出展 海外製品も多数 最新鋭機が出揃う 2000 国際ウエルディングショー(日本溶接協会・産報出版主催)は4/12〜15までインテックス大阪で開催/「21世紀の扉を開く溶接・接合技術−考えてみませんか、ものづくりの原点を−」をテーマに/景気低迷が長引く中出展企業総数は115社(うち海外出展16社)、小間数で600小間に及ぶ規模...

詳細はこちら

2000/02/15

2000年(平成12年)2月15日 第2366号

●《トップニュース》厳しい溶材経営浮き彫り 全溶連/各地区組合からの報告 大阪市内の新大阪ワシントンホテルプラザで2/4、全国高圧ガス溶材組合連合会の「平成11年度第2回理事会開催」/各委員会および各地区組合から現状や取り組みが報告された/全体的には半導体関係や公共事業を中心として一部に明るさが出てきているが依然として先行き油断できない厳しい状況下にあるとの発言が相次ぐ/溶材経営と保安の確保の両...

詳細はこちら

2000/02/08

2000年(平成12年)2月8日 第2365号

●《トップニュース》平成11年の溶接材料12年ぶり30万トン割る 日本溶接棒工業会が平成11年(1月〜12月)の溶接材料生産・出荷量をこのほど明らかに/生産量は28万6982トン(前年比10%減)、出荷量は29万 0493トン(前年比9・6%減)で両方とも30万トンを切り昭和62年以来12年ぶりに30万トンを割る厳しい結果になった/国内の低迷が影響したが米国・韓国向け輸出は6〜24%増になった、一...

詳細はこちら

2000/01/18

2000年(平成12年)1月18日 第2363号

●《トップニュース》岩谷産業 LNGの小売販売事業に進出 中部電力と合弁会社の設立で合意 岩谷産業は中部電力と合弁会社を設立しお互いの経営資源の強みを生かしながらLNG(液化天然ガス)の小売販売事業に進出することで合意/新会社の資本金は2億円/2社同額出資で販売エリアは三重県北西部にある中部電力のLNG設備に受け入れているLNGをタンクローリ輸送により販売/供給先は大規模な工場など特に環境問題に...

詳細はこちら

2000/01/11

2000年(平成12年)1月11日 第2362号

2000新春特集第2号 ●《トップニュース》2000溶接界新春賀詞交歓会盛大に 日本溶接協会・産報出版主催の「2000溶接界新春賀詞交歓会が7日東京プリンスホテルで開催/産・学・官の溶接界関係者約700名が集い盛大ななかに新春を祝した/4月に開催される2000年初の国際ウエルディングショーが景気への起爆剤に/新時代への幕開けに向けての力強さ期待に満ちた集い/藤田譲日本溶接協会会長:今年は臥薪嘗胆の...

詳細はこちら

2000/01/04

2000年(平成12年)1月4日 第2361号

2000新春特集第1号 ●《トップニュース》輝く溶接技量日本一 最優秀賞他発表\n平成11年度(第45回)『全国溶接技術競技会』の入賞者が日本溶接協会から正式発表に/溶接技量日本一に輝いたのは、被覆アーク溶接の部:原田芳男さん(宮崎県・アキタ製作所)炭酸ガス半自動アーク溶接の部:山崎泰さん(石川県・コマツ栗津工場)/その他特別優秀賞、優秀賞、優良賞あわせて40名/各受賞者は5/31に東京・文京区...

詳細はこちら

お勧めの書籍