溶接ニュース

1999年の記事一覧

1999/12/28

1999年(平成11年)12月28日 第2360号

●《トップニュース》 日本酸素 第一開明の株式取得 日本酸素は12/17、日本重化学工業から同社が保有する第一開明(岩手県盛岡市)の株式(発行済株式の85・5%)を購入することを明らかに/第一開明は昭和26年日本重化学工業の前身である東北電気製鉄により設立工業ガスをメインに石油類、諸資材などの事業を展開。また、日酸会の有力メンバー/最近は業績が低迷しており日本酸素は3名を営業幹部として送り込む ●...

詳細はこちら

1999/12/21

1999年(平成11年)12月21日 第2359号

●《トップニュース》 川崎重工業 産業用ロボット基盤一段と強化 神戸製鋼所から塗装ロボット事業継承 同社は12/17、2000年4月をめどに神戸製鋼所の塗装ロボット事業を継承することを明らかに/1969年に日本初の国産産業用ロボットを開発して以来常にロボットのトップメーカーとして実績をあげてきた/溶接・組立・ハンドリング分野では充実したラインナップを持っていたが塗装分野での強化が急がれていた/産業...

詳細はこちら

1999/12/14

1999年(平成11年)12月14日 第2358号

●《トップニュース》 大同ほくさん、共同酸素来春合併 業界最大手目指す 社名『エアー・ウォーター』 両社は12/9、平成12年4月1日をめどに対等合併することに基本合意/存続会社は大同ほくさんで新会社名は「エアー・ウォーター」/合併比率は共同酸素の株式1に対し大同ほくさんの株式0・6/新会社の役員には大同ほくさんの青木弘会長が会長兼最高経営責任者(CEO)、豊田昌洋社長が社長兼最高執行責任者(CO...

詳細はこちら

1999/12/07

1999年(平成11年)12月7日 第2357号

●《トップニュース》 コンピュータ2000年問題 万全体制で安定供給 高圧ガス各社の取り組み追う 高圧ガス各社の取り組み/日本酸素:96年にプロジェクトチーム発足・今年4月には対策委員会を新設し対応万全体制で望む/岩谷産業:Y2K対策委員会を中心にシステム構築、対応・有事の際の危機管理計画書を策定し準備/大同ほくさん:対策本部設置、今年3月には対応完了/大陽東洋酸素:システムは昨年10月に対応完了...

詳細はこちら

1999/11/30

1999年(平成11年)11月30日 第2356号

●《トップニュース》 日本溶接協会の創立50周年記念式典 式典は11/24午後3時から東京プリンスホテルにて約450名の関係者を招いて盛大な中で挙行/藤田会長:半世紀を節目に今後は新たなスターティングポジションに立つ気持ちで初心に帰って協会の目標達成に向け努力を続けると決意表明/式典では協会発展に貢献した功労者に特別表彰5氏、記念表彰33氏を表彰/記念講演として竹中平蔵慶応大学教授が「日本経済の復...

詳細はこちら

1999/11/23

1999年(平成11年)11月23日 第2355号

●《トップニュース》 日本溶接協会創立50周年迎える 栄えの記念表彰38氏 (社)日本溶接協会は昭和24年に社団法人として設立してから今年で50周年を迎える/50周年を記念して11/24午後3時から東京・港区の東京プリンスホテルで創立50周年記念式典を挙行/この席上日本溶接協会の発展に大きく貢献した人を対象に表彰を行う ●松下産機 溶接機・溶接ロボ部門分社化 赤字に悩む松下産業機器の経営建て直しが...

詳細はこちら

1999/11/09

1999年(平成11年)11月9日 第2354号

●《トップニュース》 日本酸素と大同ほくさん 共同で新会社「千葉エヌディーガスセンター」設立 工業用ガス1位の日本酸素と2位の大同ほくさんは昨年4月に生産や物流など全事業分野を対象とした業務提携を発表し反響を呼んだが確かな動きが明らかになった/千葉市にある既設高圧ガス充填工場を統合、リニューアルし折半出資で新会社を11/9に設立/10/19に起工式を行い平成12年3月完成予定\n●イワタニ日合ガス...

詳細はこちら

1999/11/02

1999年(平成11年)11月2日 第2353号

●《トップニュース》 99年度神溶会秋の総会開く 島田社長がアピール−“自己改革”が不可欠 10/26、京都市東山区の都ホテルで指定商社・地区指定商社・神戸製鋼所溶接カンパニー幹部等、総勢約120名が参加し総会開催/インターネットのホームページを使い情報量の拡大と迅速化を進める/欧米流ドラスティック経営に?/ステンレス溶材における日本油脂との生産統合し新会社を来年4月からスタートさせるなど、溶接の...

詳細はこちら

1999/10/26

1999年(平成11年)10月26日 第2352号

●《トップニュース》 第45回全国溶接技術競技会開く 144名が激戦を展開 溶接技量日本一を競う溶接最大のイベントである平成11年度「第45回全国溶接技術競技会」が10/24北九州市の高田工業所TAKADA研修センターで開催された/出場選手、関係者ら400余名が参加する中で1900年代最後の年にあたる記念すべき年に熱戦が繰り広げられた ●大同ほくさん 共同酸素との合併否定 朝日新聞、日本経済新聞で...

詳細はこちら

1999/10/19

1999年(平成11年)10月19日 第2351号

●《トップニュース》 JIGA(日本産業ガス協会)、新たに11団体が賛助加盟 10/5 第2回理事会を開き今後の活動方針や新しい組織体系を決定/新たに賛助会員として11団体が加盟したことも承認/常任理事会の下部組織として設置した○総務○業務○技術○国際−の各統合委員会は会合を開催/一部の統合委員会では個別問題に取り組むワーキンググループ(WG)も設置 ●ジェイ・ピー・コーポレーション 水素・酸素混...

詳細はこちら

1999/10/12

1999年(平成11年)10月12日 第2350号

●《トップニュース》 第45回『全国溶接技術競技会』目前 日本一の栄冠かけ 溶接技量日本一の座を決める平成11年度、第45回全国溶接技術競技会が23日、24日の2日間北九州市の高田工業所研修センターで開催/参加選手は総勢114名・被覆アーク溶接の部56名・炭酸ガス半自動溶接の部58名/出場参加選手の中には外国人選手も参加しており国際色豊かな大会に/今年は日本溶接協会創立50周年、福岡県支部創立45...

詳細はこちら

1999/10/05

1999年(平成11年)10月5日 第2349号

●《トップニュース》 日本酸素と田中製作所 市場活性化へ始動 全国キャンペーン展開 日本酸素産業事業本部産機・シリンダー営業部では溶接ガス、溶接機器・材料を対象とした「NSウエルディングキャンペーン」を10/1〜来年2/29まで開催/切断機メーカーの田中製作所は「PURE TANAKA99」セールを同期間行う ●東芝プラント建設 管端面研磨装置を3種開発 配管の溶接過程が行われる管端研磨作業を大幅...

詳細はこちら

1999/09/28

1999年(平成11年)9月28日 第2348号

●新会社「神鋼タセト」設立 神鋼と日本油脂で 神戸製鋼所と日本油脂は来年4月をメドにステンレス溶接材料の生産会社「神鋼タセト?」を設立し、両社の生産部門を新会社に統合することで合意/販売については従来どおり神鋼及びタセトのブランドで販売する/厳しい環境下で、両社は事業の維持発展のためには生産統合による生産性の向上を図ることが有効であるとの考えのもと合意/国内ステンレス溶接材料はシェア約25%の神鋼...

詳細はこちら

1999/09/21

1999年(平成11年)9月21日 第2347号

●10年度の溶接技能者認定試験結果 31・7%が建築鉄工業 日本溶接協会は平成10年度溶接技能者認証試験の業種別・年齢別受験者数をまとめた/受験者数では建築鉄骨が全体の31・7%と最も多い/年齢別では46〜50歳が15・7%と最も多いものとなっている/このような統計がまとまったのは今回初めて ●ダイヘン アーク溶接ロボット専用の低価格オフラインティーチングシステム「OT95」を新発売 アーク溶接ロ...

詳細はこちら

1999/09/14

1999年(平成11年)9月14日 第2346号

●NECが新開発 世界最大の出力10KWYAGレーザ 厚板溶接・切断加工に威力 NECではこのほど固体レーザとしては世界最大出力となる10KW出力YAGレーザを開発/これによる重工業、鉄鋼業、原子力産業分野における厚板の溶接・切断加工への幅広いYAGレーザの適用が期待される/新製品は同社のCW励起高出力YAGレーザ「M707Aシリーズ」の最上位機種/レーザ結晶に信頼性の高いYAG結晶を用い熱レンズ...

詳細はこちら

1999/09/07

1999年(平成11年)9月7日 第2345号

●第45回全国溶接技術競技会 アーク56名・半自動58名 福岡大会の出場選手揃う 日本溶接協会主催、産報出版協賛による「平成11年度(第45回)全国溶接技術競技会」福岡大会は10/24北九州市の高田工業所TAKADA研修センターで開催/全国各都道府県からの支部代表参加選手が発表された/出場選手は総数114名(被覆アーク溶接の部56名、炭酸ガス半自動アーク溶接の部58名) ●デンヨー 1台で多様な溶...

詳細はこちら

1999/08/31

1999年(平成11年)8月31日 第2344号

●電気溶接機の上半期の動き 生産額は過去最低 通産省発表の電気溶接機生産実績集計まとまる/1〜6月の生産台数は5万5921台(前年同月比20・7%減)、金額は243億5800万円(同10・6%減)と2年連続の過去(20年で)最低実績/アーク溶接は大幅な落ち込みだが抵抗溶接は台数で減少しているものの金額では17・5%増となった/機種別では、最も落ち込みの激しいのがCO2で、直流溶接機、エアープラズマ...

詳細はこちら

1999/08/24

1999年(平成11年)8月24日 第2343号

●溶接材料の1〜6月生産・出荷実績 2ケタの大幅減 日本溶接棒工業会まとめの実績/生産高は前年同月比12・1%減の14万7160トン/出荷高は同12・4%減の14万6610トン/厳しい景況を反映して生産・出荷高ともに2ケタの大幅減/輸出高も2ケタ台の減少となった/市場環境の悪化の要因として、公共投資などの分野で若干の回復が見られたが建築鉄骨、造船、自動車などで回復が見られなかったことが大 ●「溶接...

詳細はこちら

1999/08/10

1999年(平成11年)8月10日 第2342号

●《トップニュース》 アーク溶接ロボットの生産・出荷激減 日本ロボット工業界発表平成11年1月〜6月集計/生産台数3490台(前年同月比15・8%減)/金額130億2100万円(同23・9%減)/前年下期から歯止めのかからぬ急落/国内は大幅な落ち込みだが輸出は台数・金額とも7〜8%の増加/国内の落ち込みの要因は自動車関連の設備投資の抑制によるものが大/輸出は欧州やアジアの経済回復などがプラスの要...

詳細はこちら

1999/08/03

1999年(平成11年)8月3日 第2341号

●《トップニュース》 99IIWリスボン年次大会 34カ国600名が参加 IIW(国際溶接学会)の1999年度年次大会が7/18〜24、ポルトガルの首都リスボンにて開催/ポルトガルでIIW年次大会が開かれたのは1981年以来18年ぶり3回目/34カ国から600名が参加、日本からは80名が参加し地元ポルトガルを上回り最大のデレゲーション/藤田譲IIW会長今大会で任期満了、後任会長にはB・ブレイスウ...

詳細はこちら

1999/07/27

1999年(平成11年)7月27日 第2340号

●《トップニュース》 不二空機と旭メンテ 熱交換器関連分野で業務提携  不二空機は旭メンテナンス工業と熱交換器関連の製品分野において共同開発・販売など広範囲にわたる業務提携を結ぶことで合意/提携内容?旭メンテナンス工業の熱交換器用の拡管機や抜管機など一連の製品を不二空機が海外市場を含めて全面的に販売する?両社において熱交換器のチューブに特化した製品の共同開発を行う?旭メンテナンス工業も不二空機の...

詳細はこちら

1999/07/20

1999年(平成11年)7月20日 第2339号

●《トップニュース》 仏エアリキード社と米エア・プロダクツが共同で英BOC買収 買収額約1兆4千億円 世界最大の工業ガスメーカー、仏エアリキード社と米大手エア・プロダクツ・アンド・ケミカルズ社は、世界第2位の工業ガスメーカー英BOCを共同買収することで合意/BOCグループの全発行済株式を1株当たり14、6ポンド、総額で72億英ポンドで2社に売却/日本国内でも大阪酸素工業など、親会社の影響を受ける...

詳細はこちら

1999/07/13

1999年(平成11年)7月13日 第2338号

●《トップニュース》 業界初の常設総合展示場オープン 有力溶接・切断関連メーカー一堂に JIS溶接検定・訓練場も 国内外の代表的な溶接・溶断機器や各種材料を一堂に集めた常設総合展示場『SATAS(サタス)』が上尾市の上尾工業団地にオープン/松下電器産業・小池酸素工業・ダイヘン・神戸製鋼所・日鐵溶接工業など有力メーカー約20社が最新鋭機を出展/溶接関連の製品情報発信基地としての機能だけでなくJIS...

詳細はこちら

1999/07/06

1999年(平成11年)7月6日 第2337号

●《トップニュース》 待望の『日本産業ガス協会』スタート 産業ガス主要6団体の統合化実現 日本産業ガス協会(JIGA)の設立総会が7/2東京・パレスホテルで開催/酸素協会・溶解アセチレン協会・炭酸ガス工業会・特殊ガス工業会・ヘリウム工業会・水素工業会の6団体が統合/初代会長には土屋宏夫・日本酸素会長/副会長に山本宰・高圧ガス工業社長、山田英明・液化炭酸社長 ●大阪電気 自社プランドの溶接ロボット...

詳細はこちら

1999/06/29

1999年(平成11年)6月29日 第2336号

●《トップニュース》 IHI 水中YAGレーザ溶接ロボット開発 原子炉内の補修をYAGレーザを用いて水中溶接できる作業ロボットを開発/すでに実用化している水中検査ロボット「AIRIS21」に水中YAGレーザ溶接技術を備えたもの/検査から欠陥部除去、補修に至る自己完結型技術を持つ/搭載した溶接装置には光ファイバーでレーザビームを伝送し先端部からアルゴンガスを吹き出して溶接部の水を追い出し空気中と同...

詳細はこちら

1999/06/22

1999年(平成11年)6月22日 第2335号

●《トップニュース》 豊田工機 汎用型協調溶接ロボットセル・アーク溶接セルの販売開始 トヨタ自動車と共同で自動車用足周り部品のアーク溶接工程向けに設備構成自在の汎用型協調溶接ロボットセル・アーク溶接セルを開発/7/1より発売/低コスト・省スペース・高精度を実現する画期的なアーク溶接ロボットとこれを用いたセルシステムの開発により本格的にアーク溶接分野への参入を図る ●《シリーズ》いま脚光を浴びるポ...

詳細はこちら

1999/06/15

1999年(平成11年)6月15日 第2334号

●《トップニュース》 全溶連大会“北陸路”に334名集う 第56 回全国高圧ガス溶材組合連合会年次大会が6/3・6/4の2日間金沢市のホテル日航金沢に334名が参加して開催/業界功労者21名を表彰/通常総会では平成11年度事業計画、収支予算など各議案を採択/任期満了に伴う役員改選では山川昇会長の留任/次回開催の第57回大会は東海高圧ガス溶材組合連合会の担当により平成12年6月8・9日に名古屋市で...

詳細はこちら

1999/06/08

1999年(平成11年)6月8日 第2333号

●《トップニュース》 日溶協が第50回通常総会 3点の事業を協調 11月に50周年記念行事 日本溶接協会の第26期(第50回)通常総会が5/31、東京・文京区湯島の東京ガーデンパレスにて開催/藤田会長体制になって10年目を迎えた総会は50回という記念すべき節目の年にあたり大いに盛り上がった/新年度事業?国際的存在のあり方について?技術検定などのシステムの一層の確立?創立50周年を期に会員に対する...

詳細はこちら

1999/05/25

1999年(平成11年)5月25日 第2332号

第56回全溶連大会特集号 ●第56回全溶連大会'99北陸 ごあいさつ・全国高圧ガス溶材組合連合会会長・山川昇氏/一層の自主保安確保へ/意義ある連帯と協調の集結/厳しさの中結束誓う/業界功労者21氏を表彰 ●業界功労者21氏表彰 荒川克將氏(荒川七衛商店代表取締役社長)・石村廣兵衛氏(イワタニガスネットワーク取締役東海事業部長)・一ノ瀬節氏(大陽商事代表取締役社長)・伊藤博幸氏(ウシオ商工専務取締役...

詳細はこちら

1999/05/18

1999年(平成11年)5月18日 第2331号

●《トップニュース》 アーク溶接ロボット市場1〜3月実績 厳しい内需低迷 輸出も米向け失速 日本ロボット工業会発表1〜3月のアーク溶接ロボットの出荷台数・金額/出荷台数は1999台(前年比24・3%減)、金額は77億5800万円(同30・ 9%減)/3ヶ月間での514台減少は設備投資の低迷/自動車、金属製品、その他の製造業でダウン/輸出は主力のアメリカが自動車産業の設備更新が一巡したことにより多...

詳細はこちら

1999/05/11

1999年(平成11年)5月11日 第2330号

●《トップニュース》 川重が阪大、四国工研と共同で毎分1.2メートルで高速レーザ溶接に成功 光ファイバ導光が可能な1マイクロメートル帯のレーザ溶接で毎分1.2?の速度で欠陥のない溶接に成功/大出力8.5キロワットのよう素レーザを用いて板圧10?のステンレス鋼に完全溶込み溶接を行うことによって達成/この研究は川崎重工業がNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が実施している通産省工業技術院の...

詳細はこちら

1999/05/04

1999年(平成11年)5月4日 第2329号

●《トップニュース》 神溶会 溶接カンパニーで初の本部会 『環境の激変に対応大胆な改革』強調 99年度神溶会本部会4/26大阪・新阪急ホテルにて関係者85名出席で開催/神戸製鋼所常務溶接カンパニー島田博夫執行社長がカンパニーのポリシーやキャッチフレーズを披露/「格付けの視点から見た鉄鋼業界」など各講演会も開催 ●ミヤチテクノス 新製品 交流波形インバータ電源「MIB200A」発売 精密接合電源に...

詳細はこちら

1999/04/27

1999年(平成11年)4月27日 第2328号

●《トップニュース》 日本溶接協会“粉じん障害防止対策に本腰”保護具着用徹底へ、各支部へ強力要請 日本溶接協会全国支部委員会(野本敏治委員長)は4/7協会本部会議室で第44回支部委員会を開催/“粉じん障害防止対策の推進について”小笠原仁夫日溶協参与が実施計画の概要説明と経過を報告/第5次粉じん障害防止対策○現場の粉じん教育の実施○プッシュプル型換気装置などの利用○粉じん作業関連機器メーカーに対す...

詳細はこちら

1999/04/20

1999年(平成11年)4月20日 第2327号

●《トップニュース》 神戸製鋼所『溶接カンパニー』スタート 連結国内5社、海外6社の溶接総合企業誕生 同社は4/1付でカンパニー制度に移行、溶接事業部は「溶接カンパニー」として新たなスタートを切る/各事業部に個別企業並の独立性を持たせることによって独自採算性を一層高めるとともに経営意志決定のスピード化を図る/「溶接カンパニー」は溶接材料事業に加え溶接ロボット・電源事業をFAロボット本部から移行、...

詳細はこちら

1999/04/13

1999年(平成11年)4月13日 第2326号

●《トップニュース》 10年度の溶接技能評価試験 合格率は75・6% 過去2番目の受験者11万6122人 日本溶接協会が平成10年度溶接技能評価試験受験者数・合格者を発表/合格者数は8万7775人/溶接の品質管理に対する社会的な高まりを背景に過去最高を記録した昨年実績に次ぐ史上2番目の受験者/地区別の受験者は、前年比で減少傾向の地区があるが、中部地区、中国地区で増加、都道府県別では大阪府がトップ...

詳細はこちら

1999/04/06

1999年(平成11年)4月6日 第2325号

●《トップニュース》 第29回日本溶接協会賞決まる 日本溶接協会賞各賞の受賞者明らかに/業績賞4件、貢献賞8件、技術賞4件、功績賞及び功労賞は該当者無し/業績賞・伊藤慶典、小川清六、柴田拓二、藤本盛久の4氏/貢献賞・池松克也、石井正義、伊藤廉一、掛貝安雄、川西裕、高田繁一、西尾安弘、野田卓継の8氏/技術賞「自動車ボティ用極薄鋼板の溶接方法、そのシステムの開発」など ●岩谷産業創業70周年 記念事...

詳細はこちら

1999/03/30

1999年(平成11年)3月30日 第2324号

●《トップニュース》 HOYAファイバー構造体型レーザ実証 溶接・切断への適用めざす HOYA と電気通信大学が共同で円柱形状の構造体で「ファイバー構造体型」ファイバーレーザの発振に成功/連続出力は1W以上でスロープ効率40%とまだ低いが、続々と種々の構造体形状で発振させておりファイバー構造体がレーザとしてきわめて高い潜在能力を持っていることを実証/開発プログラムの目標である平均出力1kW、スポ...

詳細はこちら

1999/03/23

1999年(平成11年)3月23日 第2323号

●《トップニュース》 中国地区溶接技術検定委員会の新事務所・試験場落成披露祝賀会 中国地区溶接技術検定委員会の新事務所・試験場落成披露祝賀会、3/10広島市の当所で挙行/藤田譲・日本溶接協会会長挨拶/中国地区における溶接のアクティビティの拠点として今後の活動に期待/大嶋治中国通産局長ら来賓多数が祝う ●《シリーズ》いま脚光を浴びるポリテクセンター その2 千葉県君津市にあるポリテクセンター君津を...

詳細はこちら

1999/03/16

1999年(平成11年)3月16日 第2322号

●《トップニュース》 日本溶接協会 JAB認定を取得 日溶協は3/9付でJAB(日本適合認定協会)から日本で初めてJAB基準CP100及び指針CP300に基づく要員認証機関としての認定を受けた/長い歴史を持つ日溶協の資格認定制度が、さらに国内で公に公平性、透明性、普遍性、統一性を持つ/ISO品質保証体系の一環に組み入れられる/溶接技術者・技能者資格対象 ●大阪電気 インバータ制御直流TIG溶接機...

詳細はこちら

1999/03/09

1999年(平成11年)3月9日 第2321号

●《トップニュース》 溶解アセチレン市場ますます悪化 溶解アセチレン協会まとめ平成10年1〜12月の生産は2万1812トン/前年比9・8%減、ピーク時の1/3に減少/減産背景は切断工法の多様化、代替ガスの台頭/近年の下降要因は圧接、建設、造船など主要ユーザーの不振/従来以上の製造設備の集約化・統廃合、業務提携など販売側を巻き込んだ生産流通再編成の波も ●栄豊物産 エンドタブで特許取得 コピー製品...

詳細はこちら

1999/02/23

1999年(平成11年)2月23日 第2320号

●《トップニュース》 平成10年溶接機市場 最悪の様相呈す 昨年の溶接機市場は2段3段の底抜け感/主力のCO2前年比33%ダウン/一昨年まであった代替需要が低迷/建築・鉄骨分野での不振響く/抵抗溶接機は自動車産業の設備投資に支えられ台数ベースで7・9%増/今年の動向・3月決算は持ち堪える模様、4月の地方選挙後5月のゴールデンウイーク開けからが正念場 ●世界の溶接事情 インド '99インド国際溶接...

詳細はこちら

1999/02/16

1999年(平成11年)2月16日 第2319号

●《トップニュース》 平成10年1〜12月 溶接材料32万トン強 日本溶接棒工業会発表の平成10年1〜12月の溶接材料生産高・出荷高/生産高31万8000トン、出荷高32万1000トン/ソリッドワイヤが激減、建築鉄骨分野の低迷をはじめ自動車産業の不振などによる/フラックス入りワイヤ、造船分野の健闘で堅調に伸びる ●世界のロボット動向 年間販売成長率9% 国際ロボット連盟発表1997年から2001...

詳細はこちら

1999/02/09

1999年(平成11年)2月9日 第2318号

●《トップニュース》 平成10年1〜12月 溶接ロボット出荷台数・金額 市場にも景気の壁 日本ロボット工業会発表の平成10年1〜12月の溶接ロボット出荷台数・金額の集計/アーク溶接ロボットの出荷台数7830台(前年比16・1%減)・金額 314億3000万円(同16・8%減)/スポット溶接ロボットは6277台(同21・8%減)・金額330億8400万円(同15・6%減)と大幅な落ち込み/北米・欧...

詳細はこちら

1999/02/02

1999年(平成11年)2月2日 第2317号

●《トップニュース》 神戸製鋼所 8カンパニーに『執行社長』 経営機構改革示す カンパニー制導入を昨年9月に決定/このほどカンパニー制導入に伴う経営機構改革の概要を明らかに/事業ユニット毎に将来持株会社への移行も視野に入れたもの/本社機能を政策、戦略機能に特化し本社のスリムか並びに執行役員制の導入や各カンパニーへの大幅権限委譲により責任の明確化を図る ●デンヨー 防音型ディーゼルエンジン溶接機『...

詳細はこちら

1999/01/26

1999年(平成11年)1月26日 第2316号

●《トップニュース》 松下産業機器 パナロボ用ティーチィングシミュレーションソフト『DTPS?』を開発 パソコン上でパナロボの動作環境をグラフィカルに再現するとともに作業順序指示や動作、処理手順といったデータの作成や編集、確認が容易に行える同ソフトを開発/パナロボと同一の演算ロジックの搭載で高精度な動作シミュレーションを実現/グラフィカルな三次元表示で視覚的にデータ作成、編集確認が可能/パナロボ...

詳細はこちら

1999/01/19

1999年(平成11年)1月19日 第2315号

●《トップニュース》 日本酸素 米国2子会社の事業統合 100%子会社のトライガスとマチソン社の合併を前提に事業の統合を行った/両社は工業ガスメーカー/合併は6月の見込み/合併により北米ガス市場でオンサイト、バルク、シリンダー、エレクトロニクス、機器などを備えた名実ともに“工業ガス総合メーカー”となる/会長に野々山徹日本酸素専務、副会長には浅岡晃同取締役、最高経営責任者にはマチソン社のドナルド・...

詳細はこちら

1999/01/12

1999年(平成11年)1月12日 第2314号

新春特集第2号 ●《トップニュース》 99溶接界新春賀詞交歓会 盛大に 日本溶接協会・産報出版共催の'99溶接界新春賀詞交歓会が1/7東京プリンスホテルにて開催/産・学・官のリーダー750名が一堂に集う/主催社を代表し藤田日溶協会長、馬場産報出版社長が年頭の挨拶/“回復への期待”込め藤田日溶協会長が強調「明るい溶接の将来」/来賓を代表し増田工技院標準部長挨拶/乾杯の音頭は野本溶接学会会長 ●松下...

詳細はこちら

1999/01/05

1999年(平成11年)1月5日 第2313号

新春特集第1号 ●溶接技量日本一に輝く栄冠 平成10年度第44回『全国溶接技術競技会』入賞者が発表/被覆アーク溶接の部は甲斐邦宏氏(宮崎県・向陽鉄工延岡事業所)が全国大会8回目、出場選手の最高齢53歳にして初の優勝/炭酸ガス半自動アーク溶接の部は鍵本秀氏(山口県・日立製作所笠戸工場)が優勝/特別優秀賞、優秀賞、優良賞各38名 ●迎春(社)日本溶接協会 会長 藤田譲 創立50周年の年 21世紀に向か...

詳細はこちら

お勧めの書籍