溶接ニュース

1998年の記事一覧

1998/12/22

1998年(平成10年)12月22日 第2312号

●《1998年の業界回顧?》溶接材料 9年の出荷トータル35万8000トンから今年は32万トン前後の推移が予想/前年比約10%減は避けられそうにな/上昇を続けてきたFCWにおいても前年実績の確保はほぼ不可能/建築・鉄骨や自動車の低迷からソリッドワイヤの落ち込みが目立つ/造船の好調に支えられてきたFCWは堅調に伸びを示してきたが造船量のピークは過ぎ市況、量とも不透明感が強まり楽観視できない状況/輸...

詳細はこちら

1998/12/15

1998年(平成10年)12月15日 第2311号

●《トップニュース》 模擬宇宙でのアーク溶接に成功 GHTA溶接法実用化への前進 宇宙空間での溶接技術の開発研究に取り組んでいる高松工業高等専門学校・吹田義一教授、大阪大学・黄地尚義教授およびマサチューセッツ工科大学・増渕興一教授らのグループは11/2から12日間にわたって実施した模擬宇宙環境下でのアーク溶接実験に成功/同グループは平成五年に真空環境で使用できるアーク溶接法の一種である宇宙GH...

詳細はこちら

1998/12/08

1998年(平成10年)12月8日 第2310号

●《トップニュース》 新生大阪電気スタート ダイヘンは11/30大阪電気の発行済み株式総数の68・3%を取得し子会社化/ダイヘングループ溶接機業界最大手に/ブランド持続、独自路線で/新社長に乾宏司ダイヘン取締役が就任、専務にダイヘン理事・関西支社長の中島肇氏を迎え営業本部長に/汎用機・特機両事業部生を継承、営業部門は営業本部の下に東日本・西日本営業部をもうけ万全の体制で ●岩谷産業 半導体製造...

詳細はこちら

1998/11/24

1998年(平成10年)11月24日 第2308号

●《トップニュース》 焦点 イエローカード・遅れている携帯・ 遵守 イエローカードの携帯・遵守が4/1施行以来8ヶ月を経過/一部の関係団体、メーカー、運送業者、ディーラーなどを除き全国的に遅れている/流通、消費関係の移動車のほとんどでは依然として至っていない/一部では作成/自主的判断で/問われている対応姿勢  ●現代の名工 飯塚、伊藤両氏 溶射で石切氏 労働省は11/19平成10年度の卓越した...

詳細はこちら

1998/11/17

1998年(平成10年)11月17日 第2307号

●《トップニュース》 日本酸素がドイツに合弁会社 日本酸素は米国100%子会社のマチソン社とともにドイツ大手工業メーカーのメッサー・グリスハイム社と欧州半導体市場向けにドイツに合弁会社を設立することで合意、基本契約を締結/新会社の名称は「メッサー・ニッポンサンソ」/資本金約9億円、メッサーが51%、日本酸素が49%、従業員は当初25人でスタート/事業内容は半導体産業市場向けに高純度バルクガス、...

詳細はこちら

1998/11/10

1998年(平成10年)11月10日 第2306号

創刊50周年記念特集号(昭和23年創刊) ●ビック対談「ものづくりを支える溶接技術」藤田譲・(社)日本溶接協会会長/野本敏治・(社)溶接学会会長 ●溶接ニュース創刊50周年に寄せて ●随想/溶接と私 荒田吉明/安藤良夫/稲垣道夫/小林卓郎/中村孝/山崎夘一/長谷川光雄 ●回想の溶接人 木原博/岡田實/手塚敬三/関口春次郎 ●主力産業に見る“溶接技術”戦後から今日までの変遷 造船/建築鉄骨/橋梁/自...

詳細はこちら

1998/11/03

1998年(平成10年)11月3日 第2305号

●《トップニュース》 98年度神溶会総会開く 溶材ビジネス方向性示唆 98年度神溶会総会10/27、京都東山区の「都ホテル」で開催/窓口商社・指定商社と全国の地区指定商社のトップ陣約80名が参加/98年の需要動向・販売見通しと神溶会活動方針説明/溶材ビジネスのめざす方向性示唆 ●ダイヘン CO2レーザ加工システム「レーザランド」シリーズ新機種投入 好評の「レーザランド748T」に新たに2機種3...

詳細はこちら

1998/10/27

1998年(平成10年)10月27日 第2304号

●《トップニュース》 岩谷産業 中国市場へ幅広い展開構築 同社は中国に32社ある合弁会社の一次元的経営管理、事業会社への投資を主業務とする岩谷有限公司を本年3/18付で設立10/19に業務をスタート/岩谷産業100%出資の子会社/同社海外事業部において中国は最大の投資先であり多くの事業が計画されている/急成長を続ける中国経済において現地における即応体制が求められている/新事業への意志決定のスピ...

詳細はこちら

1998/10/20

1998年(平成10年)10月20日 第2303号

●《トップニュース》 第44回全国溶接技術競技会開く 溶接技量日本一を競う溶接最大のイベント10/17〜18 ポリテクセンター長野にて開催/113名が日本一めざし火花散らす/被覆アーク溶接の部56名炭酸ガス半自動アーク溶接の部57名が競う ●松下産業機器 光ビーム加熱装置「ソフトビーム」開発 出力エネルギー30%アップ はんだ時間を大幅短縮 新開発レンズ採用で出力エネルギー密度を従来より30%...

詳細はこちら

1998/10/13

1998年(平成10年)10月13日 第2302号

●《トップニュース》 第24回「全国日酸会大会」開く “低コスト経営”強調 ガスアプリケーション技術開発に注力 10/8広島プリンスホテルにて特約店ら関係者約300名が参加/土屋会長は低コスト経営の実施とガスアプリケーション技術により潜在需要の掘り起こしが急務と強調/アクションプラン見直しと収益改善策を実施/価格及びコストの削減/シリンタービジネスへの注力 ●ダイヘン 日産自動車と共同開発 工...

詳細はこちら

1998/10/06

1998年(平成10年)10月6日 第2301号

●《トップニュース》 第44回「全国溶接技術競技会」目前に 日本一の栄冠かけ精鋭選手113名のひのき舞台 溶接技量日本一の座を決める第44回全国溶接技術競技会が10/17・10/18長野県にて開催/今回の出場選手の中には親子3代にわたり全国大会出場の快挙を成し遂げた岩佐将徳氏(16歳・岐阜県代表=アーク溶接の部)など参加 ●溶接ニュース創刊50周年 公正中道な報道を遂行 溶接ニュースは、昭和2...

詳細はこちら

1998/09/29

1998年(平成10年)9月29日 第2300号

●《トップニュース》 IIW98年次大会盛大に 38カ国が参加 IIW (国際溶接学会)の1998年度年次大会が9/13〜9/19間、ドイツのハンブルグ市で開催/今年はIIW創設50周年にあたる年/38カ国から599 名が参加し、参加国数において過去最大規模に/1996年にIIW会長に就任した藤田譲会長(日本溶接協会会長)のもとで開催する2度目の大会/期間中行われたインターナショナルカンファレ...

詳細はこちら

1998/09/22

1998年(平成10年)9月22日 第2299号

●《トップニュース》 ダイヘン 大阪電気を子会社化、溶接機業界にも再編の波 9/14、ダイヘンは溶接機メーカーとして最も老舗(1925年創業)の大阪電気に資本参加、子会社化を明らかに/大阪電気の社名とブランドは残しダイヘングループとして事業を継承する事で基本合意/これを引き金に溶接機業界再編に拍車がかかる可能性も ●安川電機 新小型ロボット発売、クラス最高の高速動作 同社は可搬能力6?クラス小...

詳細はこちら

1998/09/15

1998年(平成10年)9月15日 第2298号

●公正取引委員会4社に課徴金命令 9/7 医療用亜酸化窒素製造販売業者、昭和電工、住友精化、日産化学工業、小池メディカルの4社のカルテル行為に対して独占禁止法第48条の2第1項の規定に基づき課徴金の納付を命令/違反内容は国立大学と防衛医科大学などへの医療用亜酸化窒素30?入り耐圧容器の納入に不当なカルテルを結んだとして'97・1月公正取引委員会から排除勧告を受けていたもの  ●公園造成現場から2...

詳細はこちら

1998/09/08

1998年(平成10年)9月8日 第2297号

●電気溶接機上半期の動き 平成10年度上期1〜6月の実績/厳しさ増す生販とも大不振/生産額は過去最低推移/生産台数7万494台金額272億5300万円/台数で前年同期比20・7%減、金額も17・4%減/1ケタ減と健闘持続の特殊抵抗溶接機/展示販売会は盛況だが現実は苦戦否めず  ●川崎重工業 「モニタリング装置」開発 マグ溶接時における溶接部を鮮明な画像でモニタリングできる「モニタリング装置」開発...

詳細はこちら

1998/08/25

1998年(平成10年)8月25日 第2296号

●乾式安全器工業会が周知徹底文章配布 日本乾式安全器工業会が労働省告示によるガス集合装置に使用する乾式安全器の周知徹底文書を配布/アセチレンガス、その他の可燃性ガスを使用して行う溶接・溶断作業には避けて通れない問題/産業安全技術協会が「乾式安全研究委員会調査研究報告書」まとめる/各メーカーの開発進む  ●「溶接棒製造業」が雇用調整助成金対象業に 「溶接棒製造業」が8/1から雇用調整助成金の対象業...

詳細はこちら

1998/08/18

1998年(平成10年)8月18日 第2295号

●溶接ロボット市場1〜6月実績 日本ロボット工業会発表1〜6月のアーク溶接ロボット及びスポット溶接ロボットの出荷台数・金額/アーク溶接ロボットの出荷は4144台金額は171億 300万円/スポット溶接ロボットの出荷は3053台 金額は209億3400万円/前年対比でアークは8%減、スポットは34・7%減/今後の動向としては軽自動車の規格変更による新型車への対応など自動車業界が大きなカギ  ●ナス...

詳細はこちら

1998/08/11

1998年(平成10年)8月11日 第2294号

●大陽東洋酸素 日合アセの経営権取得 大陽東洋酸素は8/3に本社会議室で記者会見を開き日本合成化学工業所有の日合アセチレン株式のうち12万3600株を9/30付で取得すると発表/大陽東洋酸素グループならびに日合アセチレン双方の経営資源のより効果的な活用を図り体制強化を努める/製造工場・充填所や営業所などを統廃合することによる合理化を進める  ●日本油脂 台湾「日泰国際工業」量産体制整う 日本油脂...

詳細はこちら

1998/08/04

1998年(平成10年)8月4日 第2293号

●97世界の粗鋼生産 過去最高の7億9286万トン 97 世界の鋼材見掛消費は5年連続の前年比5・9%増加で過去最高/米国は、住宅着工件数が前年比微増にとどまったものの高水準を持続、自動車生産台数も 1200万台と鉄鋼需要産業が好調に推移/EU15カ国も各国の景気拡大を背景に増加/各国は鋼材輸入が2桁の大幅増、台湾も大幅増/中国は国内鉄鋼需要産業における安定した生産の伸びを背景に2年連続の前年比...

詳細はこちら

1998/07/28

1998年(平成10年)7月28日 第2292号

●全国溶接技術競技会・長野大会10/17・18開催 日本溶接協会主催、長野県・長野市後援、産報出版協賛の平成10年度(第44回)全国溶接技術競技会・長野大会の開催要項明らかに/場所・長野市内の長野職業能力開発促進センター(ポリテクセンター長野)/参加人数・被覆アーク溶接の部 56名、炭酸ガス半自動アーク溶接の部57名/全国各支部から代表選手が出場  ●全圧連 『ビッグボーイ』本格発売 全国圧接業...

詳細はこちら

1998/07/21

1998年(平成10年)7月21日 第2291号

●溶アセ市場一段と悪化 昭和45年ピークにじり貧/建設・圧接・造船など主要ユーザ不振、代燃も要因/工場の稼働日数の変動/地域による差が顕著/諸問題解決に向けて積極的な展開が重要 ●ダイヘンが浜松にFAセンター 同社全国14番目の拠点/7/14竣工式開催/ユーザーの更なるサービス向上へ/今後の市場展開見据える/ ●ナストーア CO2/MAG溶接機開発 超小型軽量IGBTインバータ制御CO2/MAG...

詳細はこちら

1998/07/14

1998年(平成10年)7月14日 第2290号

●アーク溶接ロボット低水準 日本ロボット工業会発表の溶接ロボット出荷実績(1〜4月)まとまる/アジア向け壊滅状態/4月出荷前月の反動で大幅減/国内出荷1・2%微増だが輸出は5・9%減/5・6月の実績は前年実績を確保した模様 ●世界の海運・造船の動向と展望 海事産業研究所「1997年の世界の海運・造船の動向と98年の展望」まとめる/世界の船腹量は96年に続いて97年も増加し年末には2220万GTの...

詳細はこちら

1998/07/07

1998年(平成10年)7月7日 第2289号

●ダイヘンのグローバル化 海外拠点拡充進む/10番目を台湾に構築・現地法人「台湾OTC」社を設立、7月営業開始/1979年に米国・現地法人設立を皮切りに欧州・アジアなど/一層の販売、サービス強化を目的に“より近く”“より早く”“より的確な”サポートを ●松下産業機器 「パナスターAE?」発売 新パルス波形の採用で低スパッタ溶接に威力を発揮/マイコン制御インバータ式パルスMAG自動溶接機「パナスタ...

詳細はこちら

お勧めの書籍