大陽日酸、11%増収、純利益は40%増の489億円

18/05/14

大陽日酸の平成30年3月期連結決算(国際会計基準)は、売上収益6462億1800万円(前期比11・1%増)、コア営業利益600億3300万円(同9・7%増)、営業利益598億6200万円(同11・5%増)、当期純利益489億1900万円(同40・8%増)の増収増益だった。国内ガス事業においては、産業ガス関連で主力製品であるセパレートガスの売上げが主要関連業界である鉄鋼や化学向けを中心に堅調に推移した。また、2017年10月に新たなオンサイト工場を開設したことによって収益に貢献した結果となった。
【第162331号】

TOP画面へ

お勧めの書籍