17年溶接材料、出荷は5%増

18/02/08

日本溶接材料工業会がまとめた2017年(暦年ベース)の溶接材料生産・出荷実績によると、生産量は前年比5・4%増の25万1693t、出荷量は同5・1%増の25万2674tで推移し、それぞれ3年ぶりに増加した。17年上期は建設、自動車、建機向けが堅調に推移した。品種別では建設、自動車向け使用量の多いソリッドワイヤが増加傾向を示し、造船向けへの構成が高いFCWは造船需要とほぼリンクする形で横ばいとなった。
【第16169号】

TOP画面へ

お勧めの書籍