エア・ウォーター、神鋼加古川に空気分離プラント

17/10/10

エア・ウォーターは神戸製鋼所加古川製鉄所に建設を進めていた5号空気分離プラントが完成し、10月1日から営業運転を開始した。エア・ウォーターでは、加古川製鉄所でのガス使用量の増加計画において新たな5号空気分離プラントの設置からガス供給に至る一連のオンサイトガスビジネスとして受託。昨年から建設を進めていたが、このほど竣工となった。新プラントは、酸素ガス毎時3万ノーマル立方m、窒素ガスを毎時4万ノーマル立方m、アルゴンガス毎時1000ノーマル立方mの設備能力を誇る。同プラントは、製造した酸素や窒素、アルゴンの一部を液化してタンクローリーによって西日本地域の幅広い業種の顧客向けに供給するため液化ガスの製造拠点としても用いられる。総投資額は約50億円。
【第16091号】

TOP画面へ

お勧めの書籍