JFEサンソセンター、倉敷工場を開設

17/10/05

大陽日酸とJFEスチールの共同出資会社、JFEサンソセンターは、JFEスチールから西日本製鉄所倉敷地区の空気分離装置の運転・整備など全業務に関する移管を受け10月1日、倉敷工場を開設した。同19日、開所式を開催する。倉敷工場の既存の空気分離装置は、酸素ガス生産能力が9基合計で毎時20万5千ノーマル立方m。新設備の13号・14号空気分離装置は、酸素ガス生産能力が1基当たり毎時6万ノーマル立方m。13号空気分離装置は2018年1月末、14号空気分離装置は同7月末の完工を予定する。新設備導入にともない、既存設備のうち小型6基の空気分離装置を停止する。
【第16089号】

TOP画面へ

お勧めの書籍