〈高圧ガスの移動取締状況〉神奈川県警、2016年は15件・15人検挙

17/10/04

2016年の高圧ガスの移動取り締まり状況について、神奈川県警察本部生活安全部生活経済課によると、管内9警察署で15件・15人が高圧ガス保安法の移動基準不適合として検挙されたことが分かった。その違反種別は全てが警戒標識掲示義務違反であった。移動基準不適合の事業者は、高圧ガスメーカーや販売店ではなく、建築現場などで高圧ガスを使用している事業者ががほとんどである。こうしたことから事故防止に向けて販売店等を通じた消費者に対する高圧ガス関係法令の周知徹底を強化していくことが必要である。
【第16088号】

TOP画面へ

お勧めの書籍